796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s-300x214

Yahoo!トップニュースに、

「過労で心の病、最多498人=昨年度、自殺・未遂は84人―若い世代増加」

との記事が掲載されていました。
 過労や仕事の強いストレスが原因でうつ病など精神障害を発症し、2016年度に労災認定された人は、前年度比26人増の498人に上ったことが30日、厚生労働省のまとめで分かった。

 5年連続で400人を上回り、統計の残る1983年度以降で最多となった。

 このうち過労自殺(未遂含む)は9人減の84人で、過去4番目に多かった。

労災認定、自殺ともに20代以下の増加が目立ち、電通の新入社員で15年末に自ら命を絶った高橋まつりさん=当時(24)=も16年度に労災認定されている。

 厚労省職業病認定対策室は「職業による精神障害が労災対象と周知されたことで、認定件数が過去最多となった。労働時間より職場での人間関係が原因となったケースが目立った」としている。

 労災申請は71人増の1586人と、4年連続で最多を更新した。

 労災認定を年代別に見ると、30代(136人)と40代(144人)、50代(82人)でわずかに減ったが、20代(107人)は20人増、10代(9人)で7人増だった。

  過労自殺も20代が14人から22人に増え、ゼロだった10代は2人いた。

 認定された人の月の平均残業は、20時間未満が84人、160時間以上が52人、100時間以上120時間未満が49人など。発症要因は連続・長時間勤務など「仕事の質と量の変化」が149人と多く、いじめや上司とのトラブルといった対人関係の100人、事故・災害体験95人、仕事の失敗やノルマの30人が続いた。 
(出典:JIJI PRESS LTD.)

私もIT業界ですので残業時間も結構あります。
酷い時には半年間100時間以上の残業時間をこなしたこともありました。
で、結局激務に耐え切れず退職する人も多かったです。
突然会社に来なくなる人も結構いましたね(特に下請けの方に多かったイメージ)。

で、自殺や鬱になってしまう人に多いのが『会社がすべて』と思っている人なんです。
サラリーマンになったら結局家より会社で過ごす時間の方が多いですし、会社との人間関係がすべてだったりします。
日本企業は比較的世界に通用する企業が多いですが、昔と違って今はグローバリズム社会ですので、海外とも勝負していかなければいきません。

必然的に一人ひとりに課せられる業務量、質、期待値も高くなるのは当然の社会で生きています。

心に負荷がかかるのは当然のことです。
しかも、日本社会は未だに一度失敗したら再起不能の評価を与えられてしまうので、世の中のサラリーマンは毎日死に物狂いで働いています。

しかし、結局それが自分を追い詰めることとなってしまいます。
社会や会社に適応できない自分を責める、誰も自分を理解してくれない、自殺しよう。
このスパイラルがニュースの本質です。

むしろ、こういうニュースっていつもYahoo!のトップになりますよね。
同じような人、結構多いのではないでしょうか?

会社は大事です。
しかし、人生それだけではないとわかりつつも、会社のことしか頭から離れなくなります。

それはなぜか?
それは金を稼ぐことが出来るのが『会社だけ』だと思い込んでいるからです。

綺麗事をいくら述べても、世の中結局『金』なのです。

金がなかったら人間として誰からも評価もされません。
金がなければ最終的にはホームレスになり、社会のお荷物としてひっそりと生きていく運命です。
もはや人としての扱いをされないでしょう。

人は金で人を評価しているのです。
これは否定してもこれが真実なのですから仕方がありません。
それが我々の住んでいる『資本主義社会』なのです。

では、どうすればいいか?

それは仕事以外の収入口を作ることです。

普段サラリーマンで仕事に追われ、休日は疲れで寝ばかりでどう稼げばいいのか?
と思うかもしれません。
ごもっともです。
私も休日に副業なんてする気は一切起きません。

ひとつだけ方法があります。


それは『株を買うこと』です。


不動産や印税収入、転売などという方法もありますが、これはダメです。
不動産は纏まった投資資金が必要ですし、さらに大家になると住人の対応や修繕などの仕事が結構あります。
それに不動産は一本集中投資なので逃げられなくなりますしね。
また、印税収入、転売はそもそも仕事しているサラリーマンからしたらそんな時間捻出できる人はあまりいないと思います。
継続的に儲けることも難しいので、第二の収入口とカウントするのはリスクがあります。

株はどうか?
簡単です。買ったらそれで終わりです。
放置しておけばいいのです。

日々の株価が気になるなら日経連動型ETFやS&P500を買っておけばいいのです。
それだけで経済成長に合わせて株価は上昇しますし、株価が上昇しなくても年数回の配当金を受け取って再投資を続ければいいのです。

すると、気づけば結構な資産が形成できます。
サラリーマンなら毎月の給料からいくらかの投資額も捻出することができますので、より加速することができます。

すると、いずれば『お金』という呪縛から解放されるときが来ます。

不労所得が少しでも増えていけば、それだけで仕事だけじゃないと思えるようになります。
むしろ、楽しく仕事が出来るようになると思います。
仕事って気難しくやるより、楽しんでやったほうが効率がいいし良いものが生み出せるときの方が多いです。
結果的に資産も増え、仕事も楽しくできるという一石二鳥の効果を得ることができます。

家族に反対される?
奥さんに株式投資を反対されている人は説得してください。

我が家の場合は、当初は逆に妻のほうが株に興味を持ってくれていたクチなので良かったのですが、確かに普通の家庭ではギャンブル扱いされて難しいと思います。

であれば、説得してください。
自分のお小遣いの範囲でやるとか、いろいろ策はあります。
投資額が少なくても問題ありません。


昔から金持ちになる方法は「節約、投資」と決まっています。




大ベストセラーになった「となりの億万長者」はアメリカの一般家庭における実在の億万長者を調査しています。
これによると億万長者になる方法がたったこれだけです。

 - 収入より遥かに低い支出で生活する。
 - 資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく配分している。
 - お金の心配をしないで済むことのほうが、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える。


収入が多いほうがいいとか、この本にはそんなことは一切かかれていません。

以前、私の書いたブログ記事サラリーマンこそ株をやるべき理由にもありますが、ガソリンスタンドで働いていた男性が堅実に優良銘柄に投資し続けただけでも10億の資産を築くことができたのです。

ニュースのような状況に陥っているサラリーマンは、今すぐ証券会社(なんでもいい)の口座を開き、3万円を入金、S&P500でも買ってください。


それだけであなたの未来が変わりますよ。


にほんブログ村 株ブログへ
よろしければクリック応援お願いします。