D01760AC-C770-4D64-977F-94BAA1510B1F

ビル・ゲイツ (マイクロソフト共同創業者 元CEO)

D44472DB-1242-465D-8635-5F3EA0C1EAE3

カシオ Duro (約80ドル:約8280円)


SPONSORED LINK


世の中の真の金持ちほど徹底的にケチで節約している傾向が強いです。

たとえば、1994年から2006年まで13年も世界長者番付の首位に君臨していた大富豪ビルゲイツは、割引クーポンを持ってマクドナルドへ行き、飛行機はエコノミークラス、ホテルも質素、クレカは年会費無料の一般カードなど、金持ちらしからぬドケチ生活を送っています。

さらに仰天のケチエピソードがあります。

ビルゲイツがマイクロソフトのCEOであった時代、来日して東京のオフィスに来たときに、開口一番、「オフィスの入口の足拭きマットは必要か?」と言ったそうです。

当時、日本マイクロソフトのオフィスは渋谷区笹塚のビルにあり、そのときは7階から18階までを借りてオフィスとして使っており、敷いてあったのは普通のオフィスで使うレンタルのマットでした。

しかし、彼はエレベーターで7階まで上がってきたとき、1階にあった足拭きマットが受付にもあることに気づいたのである。
 
「1階のマットで靴の泥は取れるんだから、このマットは必要無いじゃないか。いったいこのマットに経費はいくらかかっているんだ?」

そこで、総務部が急いで調べて「月3,000円です」と言うと「すぐやめなさい」というやり取りがあり、即中止となったとのこと。

年間売上が2兆円といわれていた時期に、3,000円をカットするのに躍起となる。

この話から、「金持ちはやっぱりケチだな」と結論づける人もいるかもしれないが、このように本当の金持ちというのは1円でも大事にするからこそお金持ちになれるのだ。

なお、ビルゲイツの親友であるWバフェットも鬼ドケチで有名で、たとえばエレベーターに落ちてる1円すら逃さず拾い上げ、奥さんには節約のために洗濯は汚れた箇所だけ、アイロン掛けはシワがあるところだけしかさせなかった等の仰天エピソードが山ほどある。

成金は金遣い荒いけど、ガチの富豪はまじでドケチ多い

SPONSORED LINK