スクリーンショット 2021-02-04 12.42.12
米国株は日本株と異なり、1株からサクッと買えることから、比較的気軽に取引を行うことが可能です。

しかし、GAFAなどの株価がひたすら右肩上がりの銘柄は、たとえ1株でも数十万円が必要なケースが多いです。

たとえば、

Amazonの株価は3300ドルですが、日本円に換算すると
1株36万円もします。

これではフツーのサラリーマンが毎月Amazon株を気軽に買うことなど不可能だし、買えなければ機会損失を被る可能性だってあるわけです。

(※)機会損失とは株価上昇を指を咥えて眺めながら儲け損なう投資家のこと

これではいくら米国株が1株から買えると言ったとしても、株式分割して1株の価格を低くしてくれなければ意味がないですよね。。

pose_zetsubou_woman


そこでPayPay証券です!

PayPay証券は、わずか1,000円からの少額から米国株を購入できます。

もちろん、Amazon株も1,000円からコツコツ買うことが可能です。

pose_happy_businesswoman_banzai

さらにPayPay証券なら、銘柄選択から購入までわずか3タップの簡単操作で取引が完了します。

朝の通勤中、仕事の休憩中、夜寝る前に、PayPay証券の米国株取引なら24時間取引が可能なので、思い立った時にスマホひとつで米国株を買えるのは魅力的。

スクリーンショット 2020-10-18 14.46.31
 
PayPay証券でどんな銘柄が買えるか確認してみると、今をトキメくGAFA以外にも、

コストコ、ドミノピザ、VISA、マスターカード、P&G、テスラなどの注目銘柄も勢揃い!

スクリーンショット 2020-10-18 14.50.32
スクリーンショット 2020-10-18 14.50.44
スクリーンショット 2020-10-18 14.51.07
スクリーンショット 2020-10-18 14.51.26

これだけ銘柄があれば米国株取引はPayPay証券だけで十分ですね。

なお、PayPay証券は取引価格に0.5%を乗じた価格をスプレッドとして計上しているので、別途手数料がかかることはありません。

他の証券会社のような手数料の算出も不要なので、非常に楽に取引が可能です。

慣れてきたら様子を見ながら投資金額を増やしたりと、簡単に株式投資を始められるサービスとして個人投資家に人気のサービスとなっています。 

米国株を取引するなら、PayPay証券一択でしょう。

もう米国株の取引はPayPay証券だけでいいだろ

One Tap BUYOne Tap BUY