pixta_43439900_M

2010年 18歳で自分の店を持つため田舎から上京して有名な日本料理屋で働く

週休はほぼ1日たまに週に2回 朝8時から夜の22時まで働く毎日帰宅するのは24時

そんな生活を10年間続けたが

先々月コロナのせいでワイの店は潰れた

新人は先輩の為にまかないを作るワイはそれを8年間やってた

ワイはその店の支店を任されて自分の好きなように店をする約束だったがその夢も潰えて今はバイトで和食レストランで20歳のガキに怒鳴られながら働いてる


死にたい


実は借金してその支店を店から買った

半分の資金は店が持ちワイが900万払って店をやる予定やったが数か月で終わった

ワイには数百万の借金しか残らない

本店が潰れてその支店も潰すという店の意向によりワイの負担した900万は無駄になった

裁判にしようとしたが裁判費用もない

毎日糞みたいな生活でプライベートもない厳しい生活だったのも夢の為やったが

なにもかも終わったぜ

夢も破れてワイの店も潰れて頼れる人も消えた金も貯金も残されたのは借金のみ

この世界はどうやら真面目に生きても不真面目に生きてもあまり意味はないらしい

どうしてこうもうまくいかんのだろうか

https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1602937317/
SPONSORED LINK


料理人になるには10年以上に及ぶ修行を経て、やっと一人前と扱われます。

たとえば寿司の世界を眺めると、一人前になるには「飯炊き3年、握り8年」の修行が必要と言われていました。

しかし、ホリエモンがツイッターに「寿司職人になるために何年も修業するのはバカ。今時、イケてる寿司屋はそんな悠長な修行しない。センスの方が大事」と投稿して炎上したのが今から4年前のことですが、コロナの一件で飲食店で何年も修行するのはバカということが証明され始めています。

ホリエモンは自身の動画の中でも、寿司職人になるには10年くらいかかると言われてきましたが、今や半年でプロを育成する専門学校もあって、長い修業が必要なのは「1年間ずっと皿洗いをしていろ」などと言って寿司を教えなかったからだと指摘しています。

そしてこれは真実です。

たとえば、実際にたった3ヶ月程度の授業を受けた職人が運営されている店で、オープンからわずか11ヶ月でミシュランに掲載された寿司屋があったりします。

今は昔と違って情報がすぐ手に入る時代であり、何がなんでも先輩に習わないと分からなかいということはなく、ほとんどが自分で調べることが出来ます。

また、YouTubeの台頭によってタダで名店の包丁捌きだったり料理動画を見ることができるので、時間的に詰める作業は可能になっています。

職人といえど本質的にはビジネスなので、ホリエモンのように料理人として成功したいならばセンスの方が俄然重要だ。

下積み不要論という考え方がだんだんと浸透してきていい傾向

SPONSORED LINK