KntzxEDNMBpBlQ22fHujwLTFMiJ5L8c9nnKdlitd

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワークを導入している企業が増えているが、現場で働くビジネスパーソンは「在宅勤務と生産性」をどのように感じているのだろうか。

テレワークをしている米国人の77%は自宅で働くようになっても「生産性が上がった(以前と同等も含む)」と答えているのに対し、日本人で「生産性が上がった」のは21%にとどまっていて、逆に「生産性が下がった」のは43%もいることが、アドビの調査で分かった。

在宅勤務で生産性が下がったという日本人に、その理由を尋ねると「勤務環境が整っていない」(68%)がトップ。次いで「集中しづらい」(46%)、「同僚からの協力が得られにくい」(33%)と続いた。

テレワークを実施することで、同僚とのコミュニケーション不足が懸念されるが、米国人と日本人の間で違いはあるのだろうか。米国人の63%は「以前と変わらない」と答えているのに対し、日本人の55%は「以前よりコミュニケーションが取りにくい」と回答。

また、在宅勤務で失ったものについて、日本人に聞いたところ「チームメンバーとの対面でのやり取り」(30%)を挙げる人が最も多かった。以下、「気軽に声がけできる環境」(16%)、「上司との直接のやり取り」(12%)、「業務終了の明確な区切り」(11%)と続いた。

この結果について、アドビは「在宅勤務で失ったものとして、日本の回答者の半数近くが対面でのコラボレーションや雑談を挙げており、これまでの職場では、対面でのミーティングやコミュニケーションが重視されてきたことがうかがえる」と分析している。

yd_work2
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2009/30/news105.html
SPONSORED LINK


労働生産性という言葉があります。

これは、ひとり当たりの労働者がどれだけ効率的に働けたかを示す指標になります。

たとえば、アメリカ人のひとりが1時間のうち3働いたとして、日本人が1だったとすれば、アメリカ人は日本人の3人分の働きをたった1人で生み出したことになります。

つまり、労働生産性というのは人口増加よりも極論重要視しなければならない指標であるわけです。

公益財団法人の日本生産性本部がまとめた「労働生産性」の調査によれば、日本はG7を構成する先進国の中で最低最悪という結果になりました。

とはいえ、日本は今年が初めての最下位では無く、1970年からずっと最下位の状況が続いていて、もはや解決策は見出せません。

同財団によれば、日本人の生産性が低い理由は、IT化が遅れ、いつまでもアナログに頼っていることが時間のロスを生み出していることが要因と指摘します。

海外ではIT化が顕著だったため、テレワークにおいても逆に生産性が上がっていたわけですが、日本は「アナログ主義」だったために突然テレワークに移行したことで生産性が下がっています。

そのため、コロナが収束しない現在において出社を強要する企業が相次いでおり、既に通勤電車はコロナ前に戻っています。

せっかくテレワークで真の働き方改革のチャンスを得たものの、日本は結局アナログに戻っていくのでした。

日本人はテレワークにすら対応できない無能なのか・・・

SPONSORED LINK