2c1b9c29-s

日本生命が実施したアンケート調査によれば、過半数以上の人が老後のセカンドライフに不安があると考えていることが分かりました。

老後までに貯めておきたい金額の平均は3033万円で、前年比で145万円も増えています。

昨年、金融庁が老後に備えて2000万円の資産を準備しておくべきだと報告書をまとめたことが物議を醸しましたが、実際に老後に必要な金額はそれよりも1000万円多かったわけです。

ネットでは「いつまで働けばいいんだよ…」「家も建てて ローンも終わってからの3000万だろ?無理に決まってるわ」などと悲観的な投稿が目立ちました。

なぜ、このような結果になったかと言えば、そもそも2000万円という数字は退職金や年金を貰う前提で老後の人生設計をすると、毎月5万円もの赤字が続きます。

そのため、90〜100歳まで生きると考えると2,000万円が不足するとの計算の話で、とりわけ贅沢しているわけでもない「日常生活」を送るためだけの話であったためです。

つまり、老後にプチ豊かな生活を送るためには、2000万円に+1000万円くらいは上乗せしなければならないというわけです。

SPONSORED LINK


では、一般人がどうやって3000万円を貯めるかということですが、金融庁が示した老後2,000万円不足問題を指摘した報告書の中に答えがあって、若いうちからコツコツ資産運用を行い老後の蓄えを作ることが大切で、それにはつみたてNISAやiDeCoなどの非課税長期投資制度を用いて、堅実な運用をしていくことが大切と記してあります。

麻生太郎も金融庁の報告書に同調するように資産形成の重要性を訴えていた通り、やはり投資による資産運用しかありません。

オススメは株式投資による長期運用でしょう。

長期運用は複利効果で資産が増加するメリットがあり、たとえば元本100万円で利回りが5%の株を買うとすると、利子を再投資しない単利運用では毎年貰える利子はいつまで経っても5万円のままですが、利子を再投資する複利運用では毎年元本が増えていきます。

すると、5年目には100万円だった元本が120万円に増えているので、5万円だった利子が「120万円×5%」で6万円に増えているのです。

年金や退職金がアテにならなくなった今、資産運用をする者、しない者と、大きな格差が生まれていくのはまず間違いありません。

また、資産運用の傍らで自分なりの節約術も身につけておくと良いでしょう。

資産運用で投資をすれば相場変動でソンすることが日常茶飯事ですが、節約ならば自分が頑張った分だけお金が手元に残るため、120%儲かる投資になり得るためです。

とはいえ、必要以上に節約をすると、生活レベルが下がっていきストレスが溜まります。

ストレスが蓄積し、いずれ閾値を超えることで突然大きな買い物でストレス解消となれば、今までがんばって投資や節約してきた苦労が水の泡です。

そのため、お金をかけずに適度にストレス解消を行う趣味を持つことは非常に大切だと言うことです。

給料だけで3000万円貯めるとか無理ゲーすぎるからな・・・

SPONSORED LINK