d6edefa8-s





SPONSORED LINK


ニトリ創業者の似鳥会長の日経平均予想は毎年良く当たると話題で、今まで3年連続ほぼほぼ彼の射程圏内の株価に収まっています。

彼は経済界一、経済予測を的中させる男と財界で呼ばれており、今年もズバリ予想を的中する可能性があります。

たとえば、2018年度の日経平均予想では、一人だけ2万円割れの予想をしており、実際に的中しました。

当時彼がそのように予想した背景には、トランプ政策の息切れだと指摘していました。

応接室に姿をあらわした似鳥会長はさっそく、「いまの相場はそれほど長く続かないと思うんですよ」と語り出した。

「確かにいま株価は高くなっていますが、私は日本の株価、為替を予測するには、アメリカの動向を読むことが最も大切だと思っています。

そのアメリカは景気拡大局面が100ヵ月以上続いていますが、戦後、これほど長く景気拡大局面が続いたのは過去にほとんどなく、本来であればもう下降局面に入っていてもおかしくない。

それが'17年1月にトランプ政権が誕生して、『アメリカファースト』との掛け声が国民の期待感を引き上げたことで、景気が持ち直した」

――その期待感が'18年中には息切れする、と。

「その通りです。おそらく、アメリカは'18年中に下降局面に入るでしょう。トランプが掲げた政策はうまくいかない。いまは法人税減税に沸いていますが、じつは別のところでは増税しているのだから、冷静に見ると経済効果はあまりない。

そうした政策への期待感がなくなるのが'18年中だと思います。当然、アメリカ経済が失速すれば、日本の株価、為替市場には影響が出てきます。

私の見立てでは、その失速がはっきりしてくるのは'18年の第3四半期(10~12月期)くらい。そこから第4四半期('19年1~3月期)にかけて、状況はだんだん悪くなっていく。

その動きに連動して、まず為替市場が円高に振れていく。'18年は1ドル=100円近くまでいく場面もあるかもしれませんが、年末に1ドル=105~108円前後というのが無難な予測ではないでしょうか。円高によって株価も低迷し、日経平均株価は2万円をきるのではないか」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54073

彼は為替こそ予想を外しましたが、30年連続の増収増益を成し遂げた会社を育て上げた洞察力は半端無い。

菅、岸田、石破の3人は来年には経済完全回復と揃って回答をしているが、コロナが延々と収束しない今、似鳥会長の予想の方が的中する可能性は高いでしょう。

株式相場も一旦調整する可能性が高いだろこれ

SPONSORED LINK


ニトリの働き方
似鳥昭雄
大和書房
2020-08-27