CB554833-C64D-4F46-8C86-24C5EB5AA7D2

ワイ、転職で年収300万→500万になったせいで

金銭感覚がぶっ壊れてしまう。

コンビニで当たり前のように定価で 

コーラ(300円)やコアラのマーチ(100円)を

買うようになった模様

http://itest.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1598171528/
SPONSORED LINK


65ECC0AE-6AD1-4DD4-9808-B811E8B9BD83

お金持ちと貧乏人の違いはなんでしょうか?

その違いは、お金の扱い方です。

お金持ちはお金を大切にするので、代々お金持ちでいられるものですが、貧乏人は少しでもお金を手にした途端、高揚感からすぐに散財してしまい、貧乏だった頃よりもより貧乏になってしまいます。

これは、お金の価値を分かっていないために、お金を粗末に扱うことに起因します。

貧乏人はお金が入ると調子に乗って、必要の無いのに見栄を張って高い車や高い時計を買ったり、ブランド物などを買うので、気が付けばお金が無くなるパターンが往々にしてあります。

しかし、本当のお金持ちは、お金を維持するために1円単位で倹約する人が多いのも事実です。

当然、見栄のために無闇に高級車など買わないし、ブランド品だって持ちません。

たとえば、ウォーレン・バフェットは高級車ではなく、大衆車であるスバルに乗っていることで有名だし、1958年に3万1,500ドルで購入した質素な家に今でも住んでいるのです。

さらには、バフェットは自分のオフィスのある14階へ行くためにエレベーターに乗っていると、床に1セント硬貨が落ちていたことに気付き、かがんで手を伸ばし、その1セント硬貨を拾ったのです。

建設会社の重役たちは、バフェットほどの人物が1セントごときを気にかけるのを見て驚いたそうですが、本物のお金持ちとはこういうことです。

お金持ちになるためには、まずはお金を粗末に使わない習慣を身に付けることが、何より大切と言えるでしょう。

年収が上がると支出が増えて結局貧乏のまま…

SPONSORED LINK


年収100万円の豊かな節約生活術
山崎 寿人
文藝春秋
2012-09-20