92FD3F7F-3B9F-4C34-8959-EA87AA6A0E90

年金「若者は死ね!」

市県民税「住むな!」

贈与税「死んでも取るからな!」

介護保険「そろそろ準備運動して待ってまーすw」
 

国「働かず物を欲しがらない若者たち…なぜ??」 
 

アホかとwwwwww

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1597878317
SPONSORED LINK


55628866-18C3-463D-8246-A354DF1655BD

金融広報中央委員会によれば、20代の貯金額は平均106万円、中央値がたったの5万円でした。

中央値とは、文字通り様々な数字の「中央」を示したもので、平均よりも世情を表しやすいものと言えます。

たとえば、平均では一部の値が高い数字が全体の数値を押し上げてしまうため、実態がなかなか見えづらくなるためです。

つまり、一部がめちゃくちゃカネを持ってることで平均が押し上げられて100万円を超えていますが、20代の実態は5万円の貯金額しかない。

20代には大学生なども含まれますが、当然ながら30手前のサラリーマンなども対象に含まれているため、5万円というのは異常で、毎月の貯金額かと誤認するレベルと言えます。

この事実が示すのは、若者はきちんと働いていたとしても、生活することがギリギリの給料で生きている人がいかに多いかと言うことです。

今は昇給も低く抑えられている企業が多く、中には堅実に働いているのに、年収200万円以下のワーキングプアの人も相当数に上ります。

しかも、昔と違って今は税金がっぽり引かれるし、親もカネがないケースが多く、大卒でも奨学金借りてる人が増え、給料からコツコツ返すハメになるパターンも増えています。

テレビメディアは「◯◯の若者離れ」と揶揄するのが好きですが、そもそも若者はお金が無いので、欲しいものすらまともに買えないのだ。

給料下がってるのに税金や物価は上がって使えるお金がないのが今の若者…

SPONSORED LINK