スクリーンショット 2020-07-19 13.23.27

30万円の投資から始めた「THEO+docomo」ですが、着実に資産が増えているのが見て取れます。

そもそも「THEO+docomo」は下落時にも自動で淡々と買い続けてくれる仕組みであり、上昇相場時にはアクセルとなって総資産を押し上げてくれる効果があります。

完全放置の長期投資にはベストの投資サービスであるため、これから投資を始めたい方にはもってこいのサービスです。

チョコと一緒に「THEO+docomo」を始めて、資産増加を狙いましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

総資産 収益額 収益率
2019年12月4週目 302,111円 +2,111円 +0.70%
2020年1月1週目 301,904円 +1,904円 +0.63%
2020年1月2週目 302,890円 +2,890円 +0.88%
2020年1月3週目 336,890円 +6,862円 +2.08%
2020年1月4週目 333,543円 +3,543円 +1.07%
2020年2月1週目 357,672円 -2,328円 -0.65%
2020年2月2週目 364,537円 +4,537円 +1.26%
2020年2月3週目 364,466円 +4,466円 +1.24%
2020年2月4週目 370,115円 +10,115円 +2.81%
2020年2月5週目 338,268円 -21,732円 -6.04%
2020年3月1週目 359,852円 -30,148円 -7.73%
2020年3月2週目 298,027円 -91,973円 -23.58%
2020年3月3週目 293,969円 -96,031円 -24.62%
2020年3月4週目 328,933円 -61,067円 -15.66%
2020年4月1週目 345,020円 -74,980円 -17.85%
2020年4月2週目 370,641円 -49,359円 -11.75%
2020年4月3週目 362,001円 -57,999円 -13.81%
2020年4月4週目 361,311円 -58,689円 -13.97%
2020年5月1週目 399,568円 -50,432円 -11.21%
2020年5月2週目 390,572円 -59,428円 -13.21%
2020年5月3週目 391,538円 -58,462円 -12.99%
2020年5月4週目 401,520円 -48,480円 -10.77%
2020年5月5週目 442,196円 -37,804円 -7.88%
2020年6月1週目 461,710円 -18,290円 -3.81%
2020年6月2週目 441,209円 -38,791円 -8.08%
2020年6月3週目 451,927円 -28,073円 -5.85%
2020年6月4週目 451,397円 -28,603円 -5.96%
2020年7月1週目 487,025円 -22,975円 -4.50%
2020年7月2週目 488,558円 -21,442円 -4.20%
2020年7月3週目 493,827円 -16,173円 -3.17%

THEO+docomoで資産運用を始める

THEO+docomo

■THEO+docomoとは?
スクリーンショット 2019-12-21 1.02.52

プロレベルの資産運用を完全おまかせで可能にしてくれるのが「THEO+docomo」です。

もともと、投資家から大人気の資産運用サービスTHEOが評判でしたが、docomoと提携することでdポイントが貯まる仕組みの新しいサービスとして誕生したのが「THEO+docomo」なのです。

「docomoユーザーのための資産運用?」

と思われがちですが、実はSoftbankでもauでも格安スマホを使っている人も誰でも利用できるサービスになっていて、dポイントがジャンジャン貯まるので超オトクなのです。

そもそも、dポイントは誰でも無料で貯めることが可能で、マクドナルド、ローソン、マツキヨ、ファミマなど多種多様な店で使うことが出来る利便性の高いポイントサービスです。

graph_01

そのため、dポイントを貯めているユーザーに非常に恩恵のある投資サービスとなっていることから、チョコはTHEOではなく「THEO+docomo」を選んだというわけ。

THEO+docomoで資産運用を始める

THEO+docomo  

■THEO+docomoの特徴
このサービスの特徴は、3つの質問(年齢や就業状況、金融資産学)を入力するだけで、AIがおまかせでポートフォリオを構築し、資産運用を開始してくれるところです。

ポートフォリオは米国株、中国株、ドイツ株、インド株などの成長株を中心に、米国債券や米国不動産、そしてゴールドを含んだ徹底的な分散投資を実現しています。

最終的な投資対象は11,000銘柄以上と、個人では絶対に構成が不可能な運用を「THEO+docomo」なら実現してくれるというわけです。

ちなみに、チョコはまだ年齢が若いことと、本業の会社でバリバリ働いている=安定した収入があることから、比較的高リスク高リターンを重視したポートフォリオになっていますね。

スクリーンショット 2019-12-21 1.18.53

この運用でどれくらいのリターンが狙えるか見てみましょう。

たとえば、リーマンショックで大暴落する直前の2007年から「THEO+docomo」で運用したシミュレーションでは、短期的には元本を割り込む期間があるものの、長期的には1年あたり年率8.4%とプラスの試算結果が出ています。

また、過去11年のリターンでは+70%という驚異的なリターンを叩き出しているのも注目に値します。

graph
 
さらに特筆すべき特徴として「AIアシスト」というAIが資産の大幅下落を予想して、リスクを回避する最強機能が備わっています。

投資家の市場心理を資産運用に反映する方法として、Thomson Reuters Market Psych Indices(以下、TRMI)というものがあります。

THEO+docomo」では、投資対象銘柄や資産をTRMIと市場状況を元にしたAIアルゴリズムを構築しており、各銘柄や資産が大きく下落するかどうかをAIに判断させています。

この機能の効果によって、たとえばAIが特定の銘柄が大幅下落すると判断した場合、ポートフォリオの最適化条件をより保守的にすることで、損失が最大限に抑制することが可能となるのです(ガチですごい!)

チョコは「THEO+docomo」を始めるにあたり、まずは30万円を運用することにしました。

毎月自動で積立投資もしてくれるので、その分は3万円に設定しました。

スクリーンショット 2019-12-21 1.22.16
 
初心者でも始めやすいように、スマホで1万円から始められるので、まずはお試しでやってみるのもいいかもしれませんね。

自動積立の利用率は62.2%、積立停止や再開はいつでもできるので、あなたの生活に合わせた無理のない資産運用が「THEO+docomo」でなら実現できます。 

THEO+docomoで資産運用を始める
THEO+docomo

■dカードも一緒に

なお、この投資サービスを使うならば、日本一dポイントが貯めやすいdカードを作っておくことをオススメします。

永年年会費無料、いつでも1%ポイント還元です。

dカードを無料で作る

dカード

ドコモのケータイ、ドコモ光を使っている人は利用料金1,000円につき10%ポイント還元のdカード GOLDがオススメです。

なお、こちらのカードは年会費10,000円かかるのでご注意を(その分ポイントはめちゃくちゃ貯まります)。

dカード GOLDを作る

dカード GOLD

dポイントも貰えるし、完全放置で好成績が狙える良いサービス!!

THEO+docomo THEO+docomo