17456_1110_20200626_192808820u





SPONSORED LINK


20181026pla01

ウミガメの鼻にストローが刺さったショッキングな映像が拡散されたことで、世界的に海洋汚染問題が本格的な議題に上がった結果、ストローやレジ袋などのプラスチック規制強化が急速に進みました。

しかし、これでは臭い物に蓋をする理論であり、根本的な原因は他にあります。

というのも、海洋汚染の本当の原因は、川や海にゴミを捨てる民度の問題や、ゴミ処理場不足の問題があり、それらを改善するルール作りをしなければいつまで経っても海は綺麗にならないためです。

日本は先進国の中でもリサイクルが進んでおり、きちんと分別してゴミ処理するシステムも備わっているため、ぶっちゃけプラスチックを規制しようがしまいが、環境にあまり影響はない。

そもそも、この手の話はプラスチックに限らず「エコ」の界隈ではよく出てくる話で、昔は割り箸が環境汚染の悪者にされました。

割り箸は、木を伐採して作るからCO2の増加問題に繋がるとして、極力使わないようにしようというマイ箸運動が流行ったのです。

しかし、実際には割り箸は間伐材や切れ端を有効活用しているだけであり、割り箸が作られなくなれば逆に間伐などがされなくなる恐れがあるため、むしろ自然界にとっては悪影響でした。

プラスチック問題もこれと全く同じで、そもそもの問題は海にポイ捨てするバカの教育を先にするべきであって、レジ袋などのプラスチックをやり玉に挙げるのはやはりおかしい。

しかし包丁は人を傷つけるから危険だと言って禁止してるようなものだなぁ・・・

SPONSORED LINK