1372193b-bb9a-456d-a890-e59f4c1f4b93






SPONSORED LINK


1501305067

鬼滅の刃が絶頂の最中に最終回を迎えましたが、「決鬼滅ロス」といったハッシュタグ
などの関連ワードがトレンドを席巻し、人気の高さを見せつけました。

ワンピースを超えるほどの社会現象を巻き起こした鬼滅の刃ですが、もともとジャンプで連載していた時はコアなファンが付いている程度で、すぐに打ち切りになるだろう程度の作品でした。

人気に火がついたのは昨年春にアニメが放映されてからで、あまりにもクオリティの高い戦闘シーンなどに視聴者が釘付けとなり、魅力的なキャラクターも相まって単行本がバカ売れし出しました。

たとえば、放映前は累計350万部ほどだったのですが、放映後たった半年で4000万部突破と10倍以上も売れ出し、書店では入荷待ちが続出、フリマアプリで高額転売される事態になったほどです。

現在では6000万部を超え、無名に等しかった作者吾峠呼世晴氏はこの1年で20億円を稼ぎ出したとも言われています。

一介のサラリーマンの生涯収入が2億円と言われるので、彼女はわずか1年で10人分の人生を稼ぎ切ったというわけです。

このように、金持ちになるには漫画、音楽、本の印税などのように、権利収入を得る必要があります。

権利収入は何らかの権利を持つことによって、自動的に入ってくる収入のことで、印税の他にも不動産収入や株の収入が該当します。

漫画を描いて大儲けは宝くじに当たるより厳しい世界なので、一般人はまずは不動産や株から手をつけてみるのが良い。

裏を返せば、いつまでも労働収入に頼っているだけでは決して金持ちになれないのである。

鬼滅の刃の大ヒットはアニメの功績が大きいと思う!

SPONSORED LINK