515651-ps4-pro-hands-on-640x360
思わぬ形で世界に拡散されたPS




SPONSORED LINK


20200317-00000015-ignjapan-000-2-view
過去最高の初動売り上げを記録したぶつもり

新型コロナウイルスが感染拡大する中、欧米でも日本と同様に外出自粛の措置が取られています。

中でも一際話題となっているのがイタリアのバーリ市長で、自粛を無視して外出をする若者に「家でプレイステーションでもしていろ!」との怒号で注意する姿が話題で、SONYは株を上げています。

実際、家に居てもやることがない人がいないのでゲーム市場は思わぬ棚ぼた需要が発生していて、たとえば任天堂では発売したばかりの「あつまれどうぶつの森」が世界的な大ヒットを記録しており、ユーザーからはコロナ疲れでも家にいるのが苦痛じゃないとの声が溢れています。

というのも、このゲームは現実のように時が流れる終わりのないソーシャルゲームなので「8時間ぶっ続けでも飽きない」とSNSを眺めても好評です。

さらにはコロナの影響で中止になった卒業式や結婚式をこのゲームで開催する人も現れ出し、ゲームライフをエンジョイする人が増えています。

現実ではゲーム無しでは本当にやることがないので、サメのぬいぐるみで1日を潰す猛者も登場するほどに。


しかし、実際にはこんな物好きな人はいないので、ほとんどの人はゲームやYouTubeを見て過ごしている。

ITやゲーム業界は新型コロナウイルスで業績不振になるどころか、逆に過去最高の売り上げを
上げている状況であり、次期決算も大幅悪化する可能性は低そうです。

SONYもゲーム事業が会社を支える屋台骨になって来ている

SPONSORED LINK