FC1537F6-9EE6-44F8-9E1A-8826C811E578
自分以上のハイスペ男子をゲットする方法

女性は結婚で自分以上のスペックの男性を求める傾向が強いというのはよく知られています。

これは優秀な遺伝子を我が子に伝える生物的本能とも言われます。

しかし、反対に男性は女性は自分より下のスペックを求めがちです。

たとえば、年収は自分より低い、少し世間知らずでおっとりしている方が女性らしい、自分が守ってあげなきゃいけないと考えるわけです。

たとえば、妻が旦那より収入が多いと、本来は家計が潤って助かるはずなのに、夫は妻に嫉妬して態度が冷たくなる確率が高いです。

これは格差夫婦と言われていて、ひとたび年収で夫のプライドを傷付ければ離婚に発展するケースもあるから注意が必要です。

SPONSORED LINK


796AB805-42BE-42EE-B7BF-5CA6F30F5627
ハイスペ男子をゲットする方法は水商売から学べ

さて、年収1,000万円で偏差値70以上の大学を卒業したハイスペアラフォー女子が、自分以上のハイスペ男子と結婚する方法を公開しました。

それによれば、自分のスペック自慢は絶対NGで、逆に自分の失敗や苦手エピソードを話すと効果的なんだとか。

たとえば、車の運転が苦手、家電のことはよく分からないなど、「出来ない女」を演出することで男性に守ってあげたい存在と思われることが必要です。

次に男性の仕事を褒めるのも重要です。

文系男子であれば、仕事についての心得を解き始めたら「そうなんですね!私もやってみます!」など同調する、理系男子であれば、専門分野について(興味がなくても)キラキラした目で質問します。

すると、男性は自分が褒められ承認欲求が満たされ、「この人といると心地よい」と錯覚し、親近感を覚えます。

そして、最後に最も重要なのは美容にきちんとお金をかけることです。

男性はなんだかんだで「見た目」で女性を選別するので、垢抜けない女性は婚活で成功する可能性は限りなく低いので注意が必要です。

ジムで身体を引き締める、月1回は美容室へ行く、肌ケアをする、最新のメイクを研究する、流行を取り入れた服を買うなど、婚活には何かと投資が必要だ。

ちなみに、今まで挙げたこれらの心得は、キャバ嬢やホステスが実践する営業活動の王道中の王道です。

売上が高い女性は、男性を引き立てることに徹底しており、決して自分を前に出さないのだ。

なお、これは昼職の営業にも転嫁することが可能で、人付き合いにおいて水商売から学ぶことは多い。

男はプライドが高い生き物だから、プライドをくすぐる作戦は確かに効果的

SPONSORED LINK