663794101
寒くなると、人間は想像以上に生産性が下がる 

今年は過去類をみないほどの暖冬で、スキー場では雪が積もらず倒産する事態が相次いでいるとか。

しかし、暖冬と言っても朝は布団から出られないほどに肌寒く、 何かしらの暖房器具が無ければ身動き出来ない状態なので、家電量販店ではエアコンなどがやはりよく売れています。

そもそも、暖房は冷房よりもエネルギーを使うため、コストが高いです。

暖房器具にはエアコン、ストーブ、こたつ、床暖房、ファンヒーター、ホットカーペットなど様々ですが、一般的にはエアコンは高いと思われがちです。

そのため、家庭によってはエアコンが設置してあるにも関わらず「エアコンは禁止!」としている冗談のような家まであって、これではただの置物で、何のための家電なのか分かりません。

SPONSORED LINK


1d77443f
エアコンが一番安い暖房に選ばれる 

しかし、1時間あたりの電気代を比較するとエアコンは8畳だった場合は2.8円からと、ストーブなどよりも断然安く、こたつとほとんど変わりません。


1日12時間使用した場合の1か月の電気代を家電コーディネーターの戸井田園子さんが試算したところ──

エアコン(6畳用※電気暖房器具が暖められる一般的な広さが6~8畳程度のため、6畳で試算)→4380円
ハロゲンヒーター(電気ストーブ)→1万7490円
電気カーペット→1万4580円
ファンヒーター→1万6770円
オイルヒーター(※強モードで使用し続けた場合)→2万1870円

もっとも安いのがエアコンで、いちばん電気代がかさむオイルヒーターを使うよりも97日間で約5万6000円も安くなる。

出典:https://www.news-postseven.com/archives/20161124_469157.html

そもそも、エアコンが高いと言われたのは旧式のエアコンであって、もはや昭和時代の話です。

最近のエアコンはかなりの省エネ技術が進んでいることから、かなりのコストが抑えられる。

寒さは人間の活動能力を想像以上に低下させるため、生産性が全く上がらず、「無駄な時間」を垂れ流すことに繋がります。

たとえば、最近発表された調査では、温度が暖かいと人間はより効率的になることが証明されています。

とある研究で、フロリダにある保険会社で働いている9人の女性の生産性を調べるために、20日間に渡り彼女たちのタイピングの早さと間違いについて測るソフトウェアを導入したそうです。

その結果、25°Cでは彼女たちのタイピング間違いは10%ほどでしたが、気温が20°Cに下がるとタイピングの割合が落ち、間違いが25%まで上がりました。

つまり、暖かい温度を保っている時には著しく生産性が上がり、逆に寒いときには生産性は著しく低下するいう結果が得られたのです。

実はエアコンは積極的に利用した方が、人生においてコスパが良い。

寒いならエアコンはガンガン使おう!

SPONSORED LINK