06d26ec1-s

■米国株が最強の理由
万年低空飛行で株価暴落ばかりしている日本株に見切りを付け、米国株を始める投資家が急増しています。

世界一の経済圏、軍事力、政治力を有しているアメリカは、毎年のように史上最高値を更新し続けていることから、脳死しているだけで儲かる「神の投資」として認知され始めているわけです。

米国株がベストなのは、アメリカは先進国で最もイノベーションが起こり、先進国の中でも優秀な人材が世界各国から集まってくるからで、いくつもの企業成長が続いていくところです。

先進国というのは日本も同じで、ある一定までいけば成長が頭打ちになりがちですが、アメリカは先進国の中でも異例の成長を遂げ続けており、人口もベビー・ブームで生まれた層よりも、20〜30年代の「これから」の世代の方が人口が多いです。

高齢者だけがやけに肥大し、30代以下の層が縮小し続ける日本とは対極的で、とても信じられません。

そのため、アメリカは新陳代謝が活発なので、GoogleやFacebook、Amazonなどの若い企業に世界中からどんどん投資がなされるし、どんどん成長し続けて若くても世界時価総額の上位に躍り出ることが可能な国というわけ。

大統領がいくら変わろうと、これからもアメリカは世界から尊敬され続け、これからも世界を支配していく存在となるわけです。

GMOクリック証券で米国株投資を始める

GMOクリック証券CFD 

■CFDが米国株投資にベストな理由
CFDはアメリカのニューヨーク証券取引所とナスダックに上場している個別企業の株を原資産としています。

つまり、現物取引とCFD中身は同じであり、さらにCFDの方がメリットが多いのです。

まず、「GMOクリック証券」のCFDはすべての取引手数料が無料です。

株式の取引には通常手数料がかかるのが通常ですし、米国株などの外国株の場合は日本株を取引するよりも割高な手数料が設定されています。

しかし、「GMOクリック証券」のCFDは手数料無料で取引できるので、とってもお得です。

スクリーンショット 2020-01-25 14.41.24

さらに嬉しいのは、CFDは5倍のレバレッジで取引することができるのがメリットで、これは他の証券会社の現物取引にはないサービスになり、米国株の現物を取引するよりも資金効率がアップし、儲けを出せる可能性が高まるのです。

つまり、自己資金は約定代金の5分の1で投資が出来ることになります(もちろん1倍=現物と同じ取引も可能)。

特に軍資金の乏しい投資家にとって、CFDは効率良く資産を増やす画期的なサービスというわけ。

img_bgn04_08_01

また、米国株の現物取引では、売りから取引を始めることはできません。

しかし、米国株CFDでは売りから取引を始めることができるので、相場の下落局面でも利益を上げることができます。

リーマンショックでは多くの投資家がお金を溶かしましたが、CFDならばそのような暴落相場も"味方"に付けられる究極の投資法ということになります。

img_bgn04_08_02

株式投資の魅力の1つに配当金があります。

CFDは配当金が貰えないから嫌だ。と、思っている人はいませんか?

たしかにCFDでは配当金という名称のお金はもらえません。

しかし、配当金相当額を権利調整額としてもらうことができるので、実質配当金を貰っているのと同じようにお金が増えていきます。

つまり、米国株を始めるのであれば、CFD投資が絶対的にオススメというわけです(๑•̀ㅂ•́)و✧

なお、CFDを始めるのであれば、メリットの多い「GMOクリック証券」が個人投資家から人気となっています。

GMOクリック証券で米国株投資を始める

もはや米国株投資は"完全無料"で取引可能な時代に突入しました!

GMOクリック証券CFDGMOクリック証券CFD