646B9E46-7B41-4600-A0D7-DEFCCAF87EEE
2020年4月よりヤニカスが淘汰される可能性

東京オリンピックを見据えて、政府は多くの人が使う場所での喫煙を規制する改正健康増進法を制定しています。

この法案により、これまで努力義務だった受動喫煙防止が義務化、ヤニカスは禁煙場所でタバコを吸った場合、罰則が課せられることになります。

学校、病院、行政機関は全面禁煙となり、限られた喫煙ルームでしか吸うことを許されません。

なお、規制対象は紙巻タバコだけではなく、プルームテックやIQOSなどの加熱式タバコも含まれています。

今後、規制が緩和されることは考えづらいし、むしろ欧米のように屋内喫煙が全面禁止になる日も近いのかもしれません。

SPONSORED LINK


1E22A98F-206C-46CD-83F5-593EEB04F045
自民党タバコ議員連盟がいる限りヤニカスは安泰

とはいえ、今回の規制内容を眺めると、日本は飲食店だけは喫煙可能な「抜け穴」を用意していました。

それは客先面積が100平方メートル以下、個人や中小企業の経営の飲食店であれば例外的に喫煙が可能と言うものです。

例外対象に含まれる飲食店は全国で半分とかなり数が多く、実質的には規制強化の効果は不透明との声も多い。

なぜ、例外措置が取られたかと言えば、自民党には喫煙者が多く、自民党タバコ議員連盟からの猛抗議があったことが大きく影響している。

彼らは「禁煙より分煙 目指せ分煙先進国」をスローガンに掲げており、今回の受動喫煙防止法に強く反対していました。

日本でヤニカスが生き長らえることが可能なのは彼らのおかげであり、少なくとも自民党が政権を握っている間は安泰であることは間違いなさそうだ。

ヤニカスとJTなどの株を保有している投資家は、彼らに感謝すべきである。

自民党は喫煙者おじさんが多いイメージ

SPONSORED LINK