img_240d39f42d0955e381def981f98414dd157161
ライアンくん、ガチのマジで稼ぎすぎ!!!

フォーブスの「2019年度版、世界でもっとも稼ぐYouTuberランキング」によれば、今年最も稼いだYouTuberは8歳のライアンくんでした。

彼はおもちゃのレビュー動画を配信し、2,000万人以上のチャンネル登録者がいます。

結果、24億円という日本のサラリーマン8人分の生涯賃金をわずか1年で稼いだわけですが、実は昨年も最も稼いだYouTuberランキングで1位となっており、今年で2年連続達成となります。

なお、日本で最も稼いでいると言われるヒカキンは年収10億円ですが、日本人はランキングTOP10にすらランクインしていませんでした。

とはいえ、裏を返せばヒカキンがランクインできないほどに、いち個人が年間数億円をガンガン稼げる世界がYouTubeというわけで、いかにネット広告業界がバブルであるかを象徴するエピソードでもあるわけです。

SPONSORED LINK


007
副業禁止でも"自分で納付"にすれば絶対バレない

ネットは本当に異常です。

たとえば、通常ビジネスをやる場合、まずは物件を借り入れ、在庫を仕入れ、バイトを雇い、光熱費を払って、そこから黒字を確保するのは至難の技です。

しかし、ネットではPCやスマホと自分一人がいれば良いので、絶対に赤字になんてならないし、むしろ利益率100%が確保できるめちゃくちゃチートなビジネスです。

チョコはYouTuberでこそないものの、このブログひとつで月間200万円をコンスタントに稼ぎ出せているので、やっぱり今のネットは異常なのだと思います。

そもそも、冷静に考えていただきたいのですが、そこらの子どもが年間24億円稼いでいる傍で、良い大人であるサラリーマンが年間400万円しか稼げないのは情けなくないでしょうか?

今はネットを使ったビジネスをすればサラリーマン以上の収入など余裕で稼げる良い時代なのに、なぜYouTubeやブログをしようと思わないのでしょうか?

お金持ちになりたければ、今やネットビジネスはマストなのです。 

とはいえ、大抵の人がやらない言い訳はこれです。

「副業禁止の会社だから・・・」

しかしながら、今は政府主導で副業解禁を企業に指導している時代なので、副業をやる場合は会社に許可なんて取らなくて良いのです。

仮に頑なに副業禁止する会社に勤めている場合でも、確定申告で「住民税は自分で納付」にマルを付けるだけで、会社には絶対に知られることはありません(←こんなのググればすぐに分かる)。

YouTubeやブログに挑戦するのはタダなのですから、せっかくのチャンスを利用しない手はないでしょう。

なお、ブログで副業を始めたいと考える賢いサラリーマンのために、チョコのブログ運営ノウハウを惜しげも無く詰め込んだチョコの戦略的ブログ術が絶賛発売中となっています。

年末年始のヒマ時間を有効活用して、ブログを始めてみることを絶対的にオススメします。

チョコの戦略的ブログ術を購入する

ブログ書いてみんなでガンガン稼ぎましょう!!

SPONSORED LINK