スクリーンショット 2019-12-04 14.19.15
即刻品切れとなったJTの新商品ston

オワコン産業であるタバコ業界を牛耳っている日本タバコ産業(JT)から、画期的な商品が今月3日に発売されました。

その名は「ston」というもので、カフェインを効率的に摂取できる代物です。

JTによれば、この商品は仕事の休憩時間に気分転換や眠気覚ましとして使うことを想定しているもので、電子たばこのように筒状のカートリッジに入ったカフェイン入りの液体を熱で気化、その蒸気を吸います。

カートリッジはカフェイン入りのもの、リラックス効果のあるGABA入りの2種類があります。

ston」を使うことによるメリットは、カフェインなどを食べ物や飲み物から摂取する場合に比べて、効率的に効果が得られることで、働くサラリーマンから支持が集まりそうです。

SPONSORED LINK


mig
エナジードリンク市場からのパイを奪える可能性も

なお、この「ston」は発売が発表された当日から注文が殺到し、Amazonでは既に全色が在庫切れの状態で、再入荷予定が立っていません。

価格は6,600円、カートリッジは3本入りで1,980円と少々高価ですが、普段からエナジードリンクなどをガブ飲みしているサラリーマンにとっては、ランニングコストで見れば安いものに映るでしょう。

たとえば、エナジードリンクの圧倒的シェアを占めるレッドブルやモンスターエナジーは1本200円もしますが、デスク上に何本も空き缶が積まれている場面に遭遇することが珍しくないように、カフェイン中毒者は多少割高でもガンガンお金を使う習性があります。

それらの中毒者が「ston」に乗り換えれば、今までエナジードリンクに流れていたマネーが全てJT側に雪崩れ込むため業績を大きく押し上げる可能性があると言えます。

また、デザインも卵型でカワイイし、カラーも4色でAppleのような製品に見えオシャレです。

ニコチンとタールなどの有害物質は含まれていないため、特に吸う場所などは限定されないので気軽にカフェインを摂取出来る手軽さもウケそうです。

とはいえ、医師などの専門家の間では「ston」に対する批判も出ているようです。

昨今カフェインの過剰摂取が問題になっており、吸い過ぎで健康被害が及ぶ可能性を指摘されているのです。

仮に日本で健康被害が出れば販売中止になりかねず、アメリカだったら訴訟もあり得る話になるでしょう。

電子タバコが大きく問題視されている中で、JTはなかなか攻めた商品を出したと言えますが、「ston」がJTのドル箱商品になるかならないか、しばらく様子を見る必要があります。

これは一度吸ってみたいと思わせる商品な気がする

SPONSORED LINK