1000-600coach
ヴィトンやエルメスと比べて地味さが否めないコーチ 


EIC41ipU0AUJfWl


EIC6NNsUwAAX1KC


EIDsegTVUAMB9fF

SPONSORED LINK


スクリーンショット 2019-10-30 23.39.29
株価が軟調なコーチ(TPR)、独自路線は功を奏するか 

コーチは高級ファッションブランドを展開する老舗企業です。

成り立ちは1941年に家族経営のワークショップから始まりましたが、1946年にマイルズ・カーンと彼の妻であるリリアンが入社したことで、著名ブランドへと這い上がるきっかけが生まれました。

もともと、カーンとリリアンは革製ハンドバッグ製造業のオーナーだったということもあり、革製品ビジネスが得意だったそうです。

1950年、カーンは野球で使用するグローブを製造する過程で、革特有の特性と品質に気づいたそうです。

磨耗と使用度合いで、革が柔らかく扱いやすくなったことで、カーンは皮革をより強く、柔らかく、より柔軟に加工する方法を開発したのです。

コーチがバッグなどの革製品に強いのは、このような歴史から来ています。

現在はコーチの本社はニューヨークにあり、ハンドバッグ、メンズバッグ、小物、靴、香水、ジュエリー、アウター、スカーフ、サンウェア、トラベルアクセサリー、腕時計など、幅広い商品を展開しています。

コーチは昨年、日本の女性にも大人気のブランドkate spadeを買収し、傘下に収めたことでタペストリー(TPR)へと社名変更がなされています。

なお、業績不振から株価は軟調な展開ですが、ハイブランドにありがちなセレブ路線から一転、最近では若い女性にもウケそうな恐竜などのカワイイモチーフを採用しており、独自の路線で再起をかけている。

なお、コーチ株を買うなら外国株の取り扱い銘柄No.1で取引手数料が安い「サクソバンク証券」で株を買って永久保有するのが最もオススメです。

サクソバンク証券の無料口座を開設する

ヴィトンのようにコングロマリット企業になりつつあるコーチです

SPONSORED LINK