images
日本政府はビットコインを認めざるを得ない 

日本の政治家はビットコインをはじめとする仮想通貨に関して、「暗号資産は金銭ではない」として金融資産と位置付けてはいません。

そもそも、政治資金規正法というものがあり、政治家への献金については現金や株などの金融資産を禁止しています。

ビットコインは事実上れっきとした「金融資産」であるわけですが、現行法では金融資産とカテゴライズされていないのだ。

先日、現総務相の高市氏が仮想通貨の献金の是非について見解を述べたところ、やはりビットコインは正式には寄付の規制対象にはならないと説明しました。

この説明ならば、親が子どもや孫に資産を相続させる時もビットコインで渡せば課税されない理論が成り立つわけで、いくらでも抜け穴が出来てしまいます。

ビットコインは株や債券と同様に、スマホからクリックひとつで現金化が可能なので、政治家の間では規制対象に加えるべきとの声が大きくなっています。

仮に規制対象となった場合、ビットコインによる寄付は原則禁止されることになります。

SPONSORED LINK


20191007b
総務省もビットコインを認めざるを得ないだろう 

とはいえ、政治家への献金でビットコインを規制対象にすることは大きな意味を持ちます。

それは、現金、株、債券などの金融資産と同じ位置にビットコインを加えることは、ビットコインの優位性を極限まで高めることに繋がるためです。

つまり、政治家自身がビットコインには現金、株、債券と同等の価値があるということを認めているようなもので、政府のお墨付きを得たことになる。

曲がりなりにも世界3位の経済大国がビットコインを認めることは、世界中の投資家たちに対して重要なメッセージとなり得るため、再び2017年時のバブル時のような熱狂に包まれる可能性は大いにあります。

仮に法規制の対象にならなくとも、既に国会で議論されているという事実が重要であり、ビットコインの存在感がいかに強大であるかの証明にもなっています。

ビットコインは成長過程ということもあり、株に比べれば時価総額もまだまだ小さい市場です。

それ故に、これほどまでに大きな材料が出るならば、資金流入の影響でビットコイン相場はあっという間に上に向けて突き抜ける可能性が高くなる。

すでに金融庁は改正資金決済法で、ビットコインを法定通貨に準ずる支払い手段と認めているため、献金についても追従するのは必然でしょう。

とはいえ、ビットコインはボラティリティが高い投資商品なので、一気に自己資金を投入するのはリスクがあり危険です。

オススメなのは、毎月コツコツ積み立てていく「ドルコスト平均法」を実践することで、賢くリスク分散することです。

仮想通貨取引所No.1の「コインチェック」であれば、ビットコインが500円から買えるので、少額でコツコツ積み立てるには最適で、初心者にもオススメです。

一方、ドルコスト平均法は継続的な取引で取引手数料が重荷となるデメリットがありますが、「コインチェック」であれば現物取引手数料はゼロ円(無料!)なので、手数料が膨らんで利益を圧迫してしまう懸念がないのです。

以上のことから、チョコは「コインチェック」を利用して、少額でコツコツ投資をしていくドルコスト平均法をオススメしています。

明らかに資産性があるから法規制せざるを得ないよな

SPONSORED LINK