チョコの株式投資Diary

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary イメージ画像

2019年09月


Appleが仮想通貨に注目している 仮想通貨の王者と言えばネットワーク効果が極めて高いビットコインです。ビットコインはどこの法定通貨にも準拠しないために価格変動は大きいものの、世界で90%以上にも及ぶ新興国の通貨の方が乱高下が激しいので、人々はビットコインを法定
『Appleが仮想通貨に注目!いつかクレジットカードよりも利用者が増えると言及。』の画像

政府は増税影響は無いと考えるが、景気は大きく冷え込むだろう 2019年10月から、消費税は8%から10%へ引き上げられます。日銀の黒田総裁は「現時点で景気に大きなマイナスの影響があるとは考えていない」との認識を示しましたが、消費税8%への増税時は、想定以上の買い控えが
『消費税10%への増税で、貧乏人がますます貧乏になるワケ。』の画像

裏切りや駆け引きなど壮絶な権力闘争を繰り広げる日産 情弱投資家ほど、何も考えずに目先の配当だけにつられて株を買います。しかし、配当が高いのは大きなリスクがはらんでいるからこそ高配当である銘柄が多いのが実態なのですが、多くの個人投資家は真実を見抜く術を持ち
『【高配当8.46%】キングオブクソ株の日産をNISAで買う情弱投資家が後を絶たない!ゴーンに続き西川社長も不正発覚でもはや立て直しは不可能www』の画像

Amazon Payがあれば購買意欲が高まるとデータがある 日本ではPayPay、LINE Pay、OrigamiPayなどの日本産キャッシュレスが普及していますが、最終的にキャッシュレス戦争に勝利するのはGAFAである可能性が高い。スマホ決済が使える店としては、今はPayPayが1位、2位がLINE Pa
『Amazon Payがキャッシュレスの大本命か?決済代金の5%還元にも参加で、実店舗の決済にも進出。』の画像

クラウドファンディングは投資のスタンダードになる クラウドファンディング投資が、個人投資家の間で超絶人気となっている。これは利回り5〜10%の高配当なのに、株と違って元本変動がなく、そして元本回収率100%を達成し続ける優良事業者が増えて来たことが背景にあります
『【重要】もはや投資の新常識!クラウドファンディングを「なんだか怪しい」と考えている情弱はもはや時代遅れwww』の画像

富裕層の間でビットコインが急速に人気化 ビットコイン投資が世界中で「資産のスタンダード」を確立し始めています。フィナンシャルエクスプレスによれば、人口が13億人に及び経済発展がめまぐるしいインドにて、仮想通貨が富裕層の中で4番目に人気のある資産であることが判
『【朗報】インドでもビットコイン投資がメジャーに!富裕層の間では4番目の人気の資産にランクイン。』の画像

軽減税率適用と適用外、境目は誰にも分からない ビックリマンチョコは税率8%でワンピースウエハースは税率10%なの!?こんなん大混乱だろうが!あと食べた後おもちゃになるもの(笛になるパッケージとか)も10%になるかもしれないんだって ビックリマンチョコは税率8%でワ
『【錯/(^o^)\乱】軽減税率は頭の悪い政治家の考えたゴミ制度!税率8%と税率10%の境目が分からなすぎて日本中大混乱は必至www』の画像

安売りしか能がないビジネスモデルはジリ貧だと指摘 いきなりステーキや鳥貴族のビジネスモデルは長くはない。逆に吉野家のサーロインステーキ特撰すきやき重860円は良い方向性。やっぱり値段は高くしていかなきゃいけない。鳥貴族とかは(味や品質に比べて)値段が安すぎて、
『ホリエモン「いきなりステーキや鳥貴族は"安さ"しか魅力ないから廃れる。吉野家は高くしてもファンがいるから続けていける」』の画像

株式市場が乱高下を繰り返す中、「クラウドバンク」や「Funds」などの高利回りで元本変動無しのクラウドファンディングサービスが人気化しています。これらのサービスは一部の無知な情弱投資家からはリスクがあるとは言われているものの、実際には今まで一度も元本毀損するこ
『【不労所得】平均利回り10%・元本変動なしのストレスフリーの投資を始めよう!安全・安心に高利回りの投資ができるLENDEX(レンデックス)が激アツ!!』の画像

内部留保の体質が一向に変わらず、麻生財務相はブチ切れ 財務省によると、内部留保が日本企業全体で463兆1,308円となり、過去最高を更新したそうです。景気回復によって利益が大幅に押し上げられている日本企業は、昔と変わらず「貯蓄」ばかりをしており、株主還元や労働者
『日本企業が”貯金”を止めない理由。内部留保が463兆1,308億円で過去最高へ。』の画像

ドイツがリセッションともなれば、西側経済は壊滅する 長らくヨーロッパの優等生として、西側の経済を牽引してきたドイツがまさかのリセッションの危機に直面しています。ドイツの4~6月の実質成長率は、前期比でマイナス0.1%となり、3期ぶりのマイナス成長となったばかりで
『【悲報】ドイツ経済不振でヨーロッパ全体が不景気に突入する可能性!投資家はリスクを抑えた投資を推奨。』の画像

月収1,500万円に増加していることを告白したえなこ氏 YouTuberが大金を稼げる職業として世間で認められるようになって来たが、コスプレイヤーも成功すれば大金を稼げる職業としてこれから人気が出て来るでしょう。そもそもコスプレイヤーとは、もともとはアニメや漫画のキャ
『【衝撃】「月収」が1,500万円のえなこ氏!カリスマコスプレイヤーになれば、YouTuberのように好きなことでメシが食える。』の画像

タバコ株は人命に関わる高リスクな投資先に NYダウが久々の大幅反発で取引を終えました。背景には、香港で長らくデモが続いていた要因となっていた逃亡犯条例が完全撤廃されたこと、米中貿易戦争の交渉が再開されることのポジティブ材料が重なったことでした。とはいえ、香
『【悲報】NYダウが372ドルも上昇したのに、MOとPMのタバコ兄弟は安定の株価下落wwwwww』の画像

仮想通貨の王者、ビットコインのネットワーク効果とは 仮想通貨投資を始める場合、まず悩むことが「どの通貨に投資しようか?」ということです。仮想通貨にはビットコイン、イーサリアム、リップルと様々な通貨が上場しており、様々な通貨を取引するのも醍醐味のひとつです
『仮想通貨投資を始めるならまずはビットコインだけでOK!圧倒的なネットワーク効果で、利用者が今後も拡大する。』の画像

靴磨きの少年まで株の話をし始めたら株を売れ 金融庁が老後2,000万円不足するという報告を出したことによって、証券会社では口座開設の申し込みが殺到し、投資セミナーも満員御礼が続いているという。とはいえ、世間がこぞって投資をする時こそ暴落がやってくるアノマリーが
『【靴磨きの少年】老後不安で株式投資を始めた結果、リーマンショック級の大暴落が相次いでしまう。』の画像

海外ヘッジファンドすら興味を失った絶望日本株 日本株は長らく海外投資家の「遊び場」となっていました。日本では投資が根付いていないので個人投資家の数は極端に少なく、いたとしても短期トレードに走ります。そのため、日本市場は浮動株が多すぎて、ヘッジファンドの空
『【日本株】海外勢にも見切りを付けられ、もう誰も買わない非常事態にwww』の画像

金と同様の希少性、金より大きな利便性  ビットコインはなぜ価値があるのでしょうか?それは一言で言えば「希少性が高い」ことに尽きます。たとえば、米ドルや日本円だったら中央銀行であるFRBや日銀が独断でお札を擦りまくることが出来るので、ひとつ政策を間違えば通貨価
『ドル円などの法定通貨とビットコインの大きな違い。希少性から値上がりが見込め、PayPayのように利便性が高い。』の画像

1円が減るだけで心に1000のダメージを喰らうのが出費恐怖症 お金が減ることが極端に怖がる出費症候群の危険性が指摘されています。節約が趣味を超えて強迫観念に代わり、生活に支障が出るケースもあります。たとえば、この夏は30度超えが恒常的に発生する酷暑となり、熱中症
『【1円の執着】お金が減るのが怖い出費症候群、大富豪への第一歩としては重要。』の画像

■安定的に高い配当を受け取りたい投資家の最適解 米中貿易戦争が激化する中、株式市場は非常に不安定な相場に見舞われています。個人投資家の間では高配当株投資が人気ですが、そもそも株価が暴落してしまえば高配当と言えど焼け石に水で、あなたの損失は膨らむばかりです
『【配当利回り5.2%】株価暴落とは無縁の賢い投資術!クラウドバンクでカリフォルニア不動産ローンファンドに10万円投資したよv(。・ω・。)』の画像

本日より楽天スーパーセールがスタート! 楽天市場を利用して、まとめ買いを楽しみましょう。★☆嬉しい特典満載☆★時間限定のタイムSALEや割引クーポンプレゼントなど、お得なキャンペーンが目白押し。買えば買うほどポイントが貯まる「ショップ買いまわりでポイント最大1
『楽天スーパーセール開催!ポイント最大44倍、半額以下アイテム200万点の超お得なセールを見逃すな!!』の画像

業績不振が続き、株価が冴えない石油メジャー アメリカのシェール革命によって世界的に原油が飽和し、原油価格が2分の1となってしまったことで、石油メジャーは大きく痛手を負っています。たとえば、メジャーの一角であるエクソン・モービル(XOM)やロイヤル・ダッチ・シェル
『【石油株】原油安、ESGで逆風が吹き荒れるシェル。なんと「脱石油」を掲げ再エネやLNGを主力に。』の画像

シェアが逆転寸前なインテルとAMD PCの「頭脳」に位置付けられるCPU市場で、かつて1強となっていたインテル(INTC)の優位性が揺らいでいます。この背景にあるのが、世界的に好景気が続いたことで企業の設備投資が加速したことで、インテルのCPUが万年供給不足になったことで
『【INTC vs AMD】インテル入ってないPCが急増!AMDがシェアを伸ばし、株価はこの5年で10倍に。』の画像


↑このページのトップヘ