チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

2018年10月


アメリカ一人勝ちを喜ぶトランプ大統領 アメリカ経済が絶好調の中で、絶不調なのは中国です。NYダウが現在進行形で過去最高値を更新し続けている一方で、上海総合指数はアメリカの関税強化策になす術が無く、2015年の5000ポイントから今は2000ポイント台まで大暴落していま
『【2018年10月時点】NYダウ各銘柄の配当利回りランキング』の画像

なぜ、マスコミはニッポンの若者を叩き続けるのか? リーマン・ショック後、日本は先進国の中でも最も深刻で、最も長い不況に陥りましたが、その頃から「若者の○○離れ」がテレビや新聞などのメディアから頻繁に聞かれるようになりました。若者の○○離れと呼ばれる中身を
『「若者の○○離れ」のマスコミ報道が止まない理由。韓国をお手本にしていた。』の画像

株式投資というのは身近な企業を買って放置すれば、それで良い 「株式投資って私のような素人にはちょっと難しそう…」との声がよく聞かれます。数字やチャートを駆使した分析、何を言っているのか解らない専門用語のオンパレードなど、理系出身者にしか分からないような頭
『株式投資に難しい知識は必要なのか?知識ゼロでも10億円を稼いだ男の場合。』の画像

人はお金を貰うために仕事をする。それ以上でもそれ以下でも無い 東証1部上場企業はホワイト企業と考える人も少なくありませんが、実態は激務薄給である場合も多いものです。特に、日本では銀行業や出版業、電機業などの衰退産業と化している業種は、少ない社員で大きな利益
『「死ぬくらいなら会社辞める」が、なぜ出来ないのか?』の画像

NISAで買われるのはボロ株ばかりなのが実態 NISAは、金融庁が個人投資家の長期投資を根付かせるために設計した「売却益と配当益が完全無税」という肝いり制度なのですが、実際にはNISAによって長期投資が根付きそうにはありません。各ネット証券では、個人投資家がNISAを使
『NISAはバクチにしか活用されず。日本で長期投資が根付くのは困難か。』の画像

バーチャルYouTuberの需要は、今後さらに拡大する予測がある ヒカキンなどの生身のYouTuberを凌ぐ勢いで成長を続けるバーチャルYouTuberですが、月500万稼ぐ強者もポチポチと出始めており、個人勢でも月100万稼ぐくらいはフツーの世界になりつつあります。不動の人気を確立
『バーチャルYouTuberは月収500万円超えの世界へ。チョコのWBSキャスターデビューも近いか?』の画像

Apple株は、当時時価総額世界1位だったCiscoの悪夢を追うか? Apple(AAPL)は米国株式市場の歴史において、時価総額が初めて1兆ドルを突破した奇跡の企業です。世界時価総額ランキングでもAppleは堂々の1位に君臨しており、右に出る企業はAmazonくらいでしょう。Appleは故・
『Apple(AAPL)は大暴落する未来?時価総額世界1位のアノマリーとは。』の画像

再開発中の渋谷。日本のシリコンバレーを目指すらしい 世界各国では「次のシリコン・バレー」を目指すべく、国を挙げてIT先進国になろうと努力していますが、日本だけは周りを見渡してみても、どうもイノベーションを起こしてくれそうな会社が何一つ見当たりません。たとえ
『日本のIT産業がいつまで経ってもショボイわけ。』の画像

給与・賃金待遇が良い=良い会社という定義となっている 転職する動機は人それぞれですが、大抵の理由は「給与が低い」ということです。中小企業によっては何年勤めていても昇給無し・ボーナス無しというウソのような会社が存在しており、入社時から10年経っても手取りが変
『「年収が高い=良い会社」は間違い。長く働けることが重要。』の画像

今存在するSNSは、数年後には全て消え去っている FANGの一員として今までひたすら株価上昇の恩恵を受けて来たFacebookと、今年になってS&P500指数の仲間入りをして注目株の仲間入りをしたTwitterのパフォーマンスが振るいません。Facebookは2ヶ月前に220ドルを付けてから150
『SNS株は長期保有に不向き。FacebookとTwitterの下落止まらず。』の画像

車離れと若者は叩かれるが、こんな維持費で買う方がおかしい バブル期以降から日本で生き残っている産業と言えば、自動車産業しかありません。トヨタ、スバル、スズキ、ホンダなど、外国でも安全性や耐久性、性能やデザインで唯一認められているモノづくりの結晶であり、ト
『自動車税が外国より50倍以上高い日本。自動車産業も衰退の道か。』の画像

地方創生は体の良いバラマキ。こんなのが総理候補だった日本 9月28日の日本市場では、日経平均株価が年初来高値である2万4,124円15銭を更新しました。この数字は1991年11月以来で、実に26年10ヶ月ぶりの高値更新でした。日経平均は9月初旬には22,000円を割る水準まで下落し
『日経平均は頭打ち?バブル高値の3万8,957円が更新不可能な理由。』の画像


↑このページのトップヘ