チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

2018年09月


内部留保の体質が一向に変わらず、麻生財務相はブチ切れ 財務省によると、内部留保が日本企業全体で446兆円を超え、過去最高を更新したそうです。景気回復によって利益が大幅に押し上げられている日本企業は、昔と変わらず「貯蓄」ばかりをしており、株主還元や労働者還元を
『日本企業が”貯金”を止めない理由。内部留保が446兆円で過去最高へ。』の画像

Amazonが実店舗型の決済サービス、仮想通貨は一体どこへ? 企業独自の決済サービスが本格化しています。今年6月には、大手SNSサービスを運営するLINEが「LINE Pay」のQRコード決済サービスを打ち出し、瞬く間に注目の的になりました。QRコード決済は、中国ではすでにAliPay
『Amazon PayやLINE Payが実店舗型決済進出。仮想通貨は出番ナシ。』の画像

米国がリセッションに陥る確率は、どう見ても低いことが解る 新興国が続々とリセッション(景気後退)に突入する中、アメリカもリセッションに突入する可能性があるのでは?と、アナリスト界隈では話題になっているようです。しかも、それはトランプ大統領が2020年の選挙で再
『【2018年9月時点】NYダウ各銘柄の配当利回りランキング。』の画像

信用取引は危険だと言い続けられて来たのにも関わらず、なぜか人生大逆転を狙って多大なリスクを賭けてしまうギャンブル投資家が後を絶ちません。なぜなら、信用取引というのは自分の資金以上の何倍もの額で株を取引することが可能なので、一発当てたらかなり大儲け出来るか
『信用取引で大儲けしようとした投資家の末路。株式投資は現物取引が鉄則。』の画像

悲しいことに、台風などの豪雨や嵐の日に限って、宅配ピザは注文が多くなるそうです。買い物に行けない時に、自宅までデリバリーしてくれるピザなどのサービスは多少高くてもついつい利用してしまうのが人間心理だと言うことでしょう。テレビの報道で悪天候の中でピザを配達
『宅配ピザは異常に高くてボッタクリ?実態はあまり稼げず、持ち帰り専門店が広まる。』の画像

損切りはBNFやcisなどの天才トレーダーだけが使いこなせる技 証券会社はやけに個人投資家に損切りを勧めますが、損切りというのは持ち株がこの先二度と上がらないことを認める行為そのものなので、そんなクソ株を買うこと自体センスがありません。そもそも彼らが損切りを勧
『株式投資の利益は我慢料。損切りする投資家はセンスが無い。』の画像

実店舗型でふらっと気軽に相談出来る代理店が増加 俳優の速水もこみちさんを起用し、連日大量のCMを放送する「ほけんの窓口」が人気です。ほけんの窓口とは、街に実店舗を構える「保険代理店」になります。今の保険というのは、保険会社から毎年のようにわかりづらい保険が
『「ほけんの窓口」が人気も、保険のプロに相談してはならない理由とは。』の画像

株主優待を広めた桐谷さんは、今でも個人投資家に大人気 株主優待とは、株を保有してくれている投資家に、企業が任意でクオカードや自社製品の贈り物をしてくれる日本独自の株主還元システムです。日本の個人投資家の間では、株主優待は大人気で、その火つけ役は桐谷さんの
『株主優待は必要悪か?日本株市場のガラパゴス化が加速。』の画像

NYにある借金時計、ぽけーっと見てるだけでどんどん額が増える  アメリカは世界一借金の多い借金大国です。日本も借金が多いとは言われていますが、日本は1,000兆円でアメリカはその数倍の5,500兆円にも及びます。「そもそも国の規模が違う」と言ってしまえばそれまでです
『アメリカは5,500兆円に及ぶ世界一の借金を抱えて、なぜ破綻しないのか?』の画像

お金を使えばお金が減るだけで、増えることは無い ZOZOTOWNを運営し、一代で巨大企業まで育て上げたスタートトゥデイCEOの前澤氏曰く、「限界までお金を使えばお金は増えるので、限界まで使え!」とのこと。限界までお金を使ったときに味わえる体験が、明日の自分の成長に繋
『「限界までお金を使えばお金は増える」はウソ。フツーの人は破産して人生終了。』の画像

高給を得られる代わりに、短命で保障も無いのが外資系 アップ・オア・アウト(Up or Out)外資系界隈であまりにも有名なこのフレーズは、「成果を出して昇進するか?負け組になりクビとなるか?」という意味であり、外資系企業の文化を的確に表しています。ライバルをこき下ろ
『株主なら外資系企業で、働くなら日本企業。外資系の残酷なリストラの実態とは。』の画像

米国連続増配株は、低リスクでただ持っているだけで儲かった 連続増配株という概念がありますが、これは企業が株主に支払う配当金を、毎年欠かさず増やし続けている株を指します。たとえば、NYダウに採用されている連続増配株を眺めても、プロクター&ギャンブル(PG)が62年、
『米国連続増配株への投資は、なぜ合理的でカンタンに儲かるのか?』の画像

アクティブ・ユーザー減少で大暴落したFacebookはオワコン? FacebookやInstagramは世界中で人気ですが、その熱は長くは続かないかもしれません。なぜなら、この手のSNSは疲れるからです。そもそも、実名や顔写真を載せるようなSNSにハマる人は「承認欲求に飢えている人」な
『SNSは地獄?FacebookやInstagramは疲れるので廃れるのが早い。』の画像

はじめまして。  つみたてNISAの米国株式の選択に悩んでいます。いずれのブロガーさんも信託報酬が安い商品を選ぶのが正解とおっしゃるようであります。では、信託報酬が0.49%のステートストリートの米国株式インデックスファンドを選ぶのは不正解なのでしょうか?  そも
『ステート・ストリートは不正解?信託報酬が高いS&P500連動商品が存在する理由とは。』の画像

年々膨れ上がる社会保障費、票獲得のため政治家は見て見ぬフリ しんどくて病院いくとさ、ほとんど老人ばっか。  お会計の時、私の前のおばあさんが20円だった。  おまけに看護師に「家にいても暇だから毎日病院きてるのよー。ここはみんなやさしいしー。」とか言ってた。
『117兆円の社会保障費で破滅の道?日本国はJAL倒産と同じ末路を辿るか。』の画像

ゲームにハマり過ぎると、課金が加速し収拾がつかなくなる スマホゲーは若者の趣味だと考えられてきましたが、ポケモンGOの登場によって高齢者がスマホゲーにハマるケースが多くなっているそうです。たとえば、ポケモンGOのイベントに行ってみると、若いグループはもちろん
『高齢者のスマホゲー課金が加速、ポケモンGOに月15万円。』の画像

民間企業に勤めるサラリーマンの平均年収は420万円 「結婚するなら年収600万円はほしいよね」と、女性が男性に望む結婚条件の1位は、いつの時代でも高年収だそうです。女性の社会進出が進んだ現代であっても、ぶっちゃけ男性の年収は重要です。なぜなら、出産や子育てで仕事
『女性が男性に求める年収600万円は贅沢か?結婚したいなら妥協が必要。』の画像

中国は弾切れなので、アメリカが負ける可能性はゼロに近い トランプ大統領は、米中貿易摩擦問題に対して「中国は長く生きることは不可能だろう」とコメントしました。中国は報復の持ち弾が尽きる中で、トランプ大統領は更なるダメ押し制裁を検討しており、中国からの輸入品2
『アメリカに打つ手無しの中国。中華ドリーム(笑)を夢見た投資家は損失で泣いている。』の画像


↑このページのトップヘ