チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間110万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

2018年06月

オリエンタルランドに投資するには100万円が必要だった 投資をするには「ある程度元手が必要」と言われていますが、それはネット証券が普及していなかった遥か昔の話です。インターネット全盛期の現在では、10万円もあればほとんどの株が買えてしまいます。また、10万円であ
『【投資】まずは10万円から資産運用を始めよう!』の画像

S&P500の構成銘柄の中で、過去半世紀において最も高いリターンを達成した銘柄は世界的タバコ会社のフィリップ・モリス(PM)です。現在はアルトリア・グループ(MO)に社名が変更され、フィリップ・モリスは海外事業を担う組織としてスピンアウトされています。ジェレミー・シー
『なぜフィリップ・モリス(PM)株が、過去最も高い投資リターンを達成したのか?』の画像

Amazonの快進撃が止まりません。2017年に最も米国市場を牽引した銘柄はAmazonであり、わずか1年で58%もの株価上昇を記録しました。さらに、2018年に突入してからもAmazonの株価は上がり続けており、1株1,700ドルを突破しています。とはいえ、上がり続ける株は無いと言われる
『好調な消費意欲に支えられ、アマゾン(AMZN)は成長を続ける!』の画像

ブランド・メーカーは"法外な価値"を売っている 利益とは何でしょうか?ざっくりいうと売上から必要経費(人件費、広告費、税金など)を引いたものです。一般に、日本の上場企業における利益率の平均は5〜10%と言われています。たとえば、日本で最も稼いでいるトヨタ自動車の
『貧乏人はブランド品を買い、金持ちはブランド株を買う。』の画像

株主優待とは、特定の企業の株を保有することで企業独自の商品や、クオカードなどの金券が貰える制度です。B2Cをメインとするビジネスをしており、且つ優待制度を併設している食品メーカーなどの企業は自社製品を贈呈することが多いです。本来であれば、株主優待は株を保有し
『【株主優待】タダで貰えるポテトチップスは、なぜ2万円になってしまうのか?』の画像

全ての投資家に共通する想いとして、株式投資で最もツライのは含み損になります。一向に解消しない含み損を目にする度に、ストレスに見舞われて損失確定ボタンを押してしまう投資家は後を絶ちません。しかし、あなたが配当金を重視したポートフォリオを組んでいるのであれば
『配当金は全員が勝者になれるプラスサムゲームの投資。』の画像

専門家の間では、市場がトランプ大統領による貿易関税強化の問題をスルーするようになっているとの見方が浮上していると言います。米中の貿易戦争が激化する様相を見せているにもかかわらず、場が終わってみれば小幅安またはプラスで終了するシーンが目立ってきたのです。「
『【ハッタリの貿易戦争】株価はいずれ落ち着きを取り戻し、あるべきところへ戻っていくだろう。』の画像

200年以上も止まることなく、延々と上がり続ける米国株は、長期投資に最も適した市場です。さて、「NYダウは100万ドルに到達するだろう」というフレーズが、以前大きな話題となりました。このフレーズは世界最強の投資家でもあり、バークシャー・ハザウェイの会長でもあるウ
『NYダウは本当に100万ドルを超えるのか?米国悲観論者は狂っている!』の画像

日本人に金を使わせることが、こんなにも難しいとは思わなかった。日銀の黒田総裁がスイスのチューリッヒ大学で講演を行った際、このようにポロッと本音を零してしまったように、日本人は本当にお金を使いません。墓の中にまで現金を持って行こうとしているのか、現金を大事
『日本人は何の目的も無く"ただ念のために"貯金している!』の画像

常にTOPIXを上回る圧倒的な成績を収めるひふみ投信は、個人投資家に大人気です。ひふみ投信は藤野英人率いるレオス・キャピタルワークスが運営しており、テレビ東京のカンブリア宮殿に出演するなど、その勢いは留まるところを知りません。さて、そんな藤野氏が最近執筆したFa
『日本株のインデックス投資を勧められない理由。』の画像

↑このページのトップヘ