チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

2018年06月


オリエンタルランドに投資するには100万円が必要だった 投資をするには「ある程度元手が必要」と言われていますが、それはネット証券が普及していなかった遥か昔の話です。インターネット全盛期の現在では、10万円もあればほとんどの株が買えてしまいます。また、10万円であ
『【投資】まずは10万円から資産運用を始めよう!』の画像

S&P500の構成銘柄の中で、過去半世紀において最も高いリターンを達成した銘柄は世界的タバコ会社のフィリップ・モリス(PM)です。現在はアルトリア・グループ(MO)に社名が変更され、フィリップ・モリスは海外事業を担う組織としてスピンアウトされています。ジェレミー・シー
『なぜフィリップ・モリス(PM)株が、過去最も高い投資リターンを達成したのか?』の画像

Amazonの快進撃が止まりません。2017年に最も米国市場を牽引した銘柄はAmazonであり、わずか1年で58%もの株価上昇を記録しました。さらに、2018年に突入してからもAmazonの株価は上がり続けており、1株1,700ドルを突破しています。とはいえ、上がり続ける株は無いと言われる
『好調な消費意欲に支えられ、アマゾン(AMZN)は成長を続ける!』の画像

ブランド・メーカーは"法外な価値"を売っている 利益とは何でしょうか?ざっくりいうと売上から必要経費(人件費、広告費、税金など)を引いたものです。一般に、日本の上場企業における利益率の平均は5〜10%と言われています。たとえば、日本で最も稼いでいるトヨタ自動車の
『貧乏人はブランド品を買い、金持ちはブランド株を買う。』の画像

全ての投資家に共通する想いとして、株式投資で最もツライのは含み損になります。一向に解消しない含み損を目にする度に、ストレスに見舞われて損失確定ボタンを押してしまう投資家は後を絶ちません。しかし、あなたが配当金を重視したポートフォリオを組んでいるのであれば
『配当金は全員が勝者になれるプラスサムゲームの投資。』の画像

専門家の間では、市場がトランプ大統領による貿易関税強化の問題をスルーするようになっているとの見方が浮上していると言います。米中の貿易戦争が激化する様相を見せているにもかかわらず、場が終わってみれば小幅安またはプラスで終了するシーンが目立ってきたのです。「
『【ハッタリの貿易戦争】株価はいずれ落ち着きを取り戻し、あるべきところへ戻っていくだろう。』の画像

日本人に金を使わせることが、こんなにも難しいとは思わなかった。日銀の黒田総裁がスイスのチューリッヒ大学で講演を行った際、このようにポロッと本音を零してしまったように、日本人は本当にお金を使いません。墓の中にまで現金を持って行こうとしているのか、現金を大事
『日本人は何の目的も無く"ただ念のために"貯金している!』の画像

常にTOPIXを上回る圧倒的な成績を収めるひふみ投信は、個人投資家に大人気です。ひふみ投信は藤野英人率いるレオス・キャピタルワークスが運営しており、テレビ東京のカンブリア宮殿に出演するなど、その勢いは留まるところを知りません。さて、そんな藤野氏が最近執筆したFa
『日本株のインデックス投資を勧められない理由。』の画像

米ベビーブーマーのライフイベント一覧 毎年アメリカでは8,000人以上が60歳を迎えています。国勢調査局によると、1946年から1964年までに生まれたベビーブーマー世代の高齢化により、2030年までには高齢者人口が8,200万人に達すると予想されています。ベビーブーマーはアメ
『ベビーブーマー退職による株式大量売却は、米株暴落になり得るか?』の画像

はじめまして。以前、投資信託などを証券会社に勧められ購入したことがあるほど、投資について何もわからないものでした。最近は、いろんな方のブログを拝見して、少しずつ投資について勉強しています。ところで、質問なのですが、「45歳で独身、無職。3000万の資産がある場
『40代で独身、無職。3000万の資産がある場合の投資法。』の画像

世界の人気就職先は、毎年のように入れ替わる かつて、学生の就職先として絶大な人気を誇っていたNECが、今年の中期経営計画の中で従業員3000人のリストラや、国内9工場の統廃合を推し進めると発表しました。NECは過去、業績不振から総人数で1万人以上を削減しており、その際
『今、花形とされる会社や業界は「今」が最もピークである理由。』の画像

マクドナルド創業期を描いた映画が、昨年日本で公開されました。映画のタイトルは『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』であり、この試写会に登場した池上彰氏はマクドナルドを以下の通り評価しました。はたして創業者は誰か?という問題に行き着きます。30秒でハンバー
『日本がデフレを脱却できない本当の理由。』の画像

世界最大の14億もの人口を抱える中国は、一党独裁制の社会主義共和国体制です。14億人というのは、インドを除く世界人口が多いアメリカ、インドネシア、ブラジル、パキスタン、ナイジェリアを足してやっと到達出来る数字ですから、中国企業は内需だけでしっかり巨大企業に成
『【中国】超独裁国家の成長はいずれ終わる。』の画像

株価が絶好調なシスコシステムズ(CSCO)を10万円分買い付けしました。FANGなどのハイテクトレンドに引きずられてシスコは株価が大きく上がっているので、一見グロース株のように見えるのですが、シスコは完全にバリュー株です。なぜなら、ネットワーク機器の開発・販売をメイ
『【CSCO】連続増配8年で配当利回り3%のシスコシステムズを10万円分買い付けしたよ!』の画像

日本人はほぼ英語が出来ません。これは、日本は海に囲まれた島国であるにも関わらず1億を超える人口がいるし、内需だけで高成長を遂げられた稀な国であったため、そもそも英語を習得しなくても何の問題も無く生きていけたためです。しかし、世界を見渡すと独自の言語を使いな
『英語が出来ないヤツは家畜以下!?英語に圧倒的な優位性がある理由とは。』の画像

スターバックス(SBUX)が2019年度にアメリカ本国で150もの店舗を閉鎖すると発表しました。この発表を受けて、スターバックス株に売りが殺到。わずか1日で-10%もの株価急落となりました。世界的コーヒーチェーンの先駆けでもあったスタバの成長に、ついに頭打ちかというイメー
『スターバックス(SBUX)急落!コーヒーチェーンとしてのアメリカ本国での位置付けとは?』の画像

S&P500ETFを今月もコツコツ買い増ししました。さて、1年前は20ドル以下であったツイッター(TWTR)が、ここ最近は50ドルに届きそうな勢いで大暴騰を記録しています。ツイッターは万年赤字体質だったが故に、2017年10~12月期の決算が初の黒字化を達成したことは大きなサプライ
『ツイッター(TWTR)が採用されたS&P500ETFを6万円分買い増し!』の画像

仮想通貨相場の暴落により、大きな損失を抱えて自殺してしまうという悲しいニュースが後を絶ちません。たとえば、仮想通貨投資に失敗した20代の大学生が、うつ病と不眠症に苦しみ、自ら命を絶ったケースもあります。更に、風呂場で練炭を焚いて自殺、電車飛び込みなど、悲劇
『仮想通貨で自殺が止まらない!悪質アフィリエイターは罪の十字架を一生背負って生きていけ。』の画像

ゼネラル・エレクトリック(GE)の時代がひとつ終わります。30銘柄で構成されるNYダウを管理するS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが、「NYダウ構成銘柄からGEを6月26日に除外する」と発表したのです。代わりに採用されるのは、ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーン ・
『GE保有の投資家はどうするべきか?NYダウから除外されるGE。』の画像

株式投資をやっていれば、幾度となく暴落の局面に付き合わされます。たとえば、今年の2月には、歴史に名を刻むリーマンショックを上回る暴落に見舞われています。わずか1日で-1,175ドル、取引時間中では一時-1,500ドルを上回る暴落です。経済は絶好調なのに、いともカンタン
『リッチになるために、株価暴落を買いましょう。』の画像

はじめまして。チョコさんの株式投資について大変興味深く、過去からさかのぼり拝見させていただいています。S&P500を以前、GMO証券のCFD口座で手数料が安いため購入しました。チョコさんの記事にある東証に上場している1557とは何が違うのでしょうか。また、CFD口座で購入し
『CFDと現物取引の違いとは?』の画像

一時は開催が危ぶまれた米朝首脳会談がシンガポールで行われました。そもそも、金正恩が突然融和路線に走った背景には、経済制裁により国家存続が危ぶまれている状況があります。核の放棄と引き換えに、なんとか現在の独裁政権を維持し、経済発展をしていくために、金正恩は
『コラ・コーラを楽しむのに、国や人種は関係ない。コカ・コーラは世界で広がり続ける!』の画像

総悲観は買い。この言葉は、マーケットに蔓延る「総悲観の花」が満開になった時、最高の買いのタイミングとなり得るという投資の格言です。悪い材料が重なり、誰がどう考えても株価が上がりそうにない状況の中、勇敢に買い向かった投資家が勝利を収めます。これは、長い間投
『「総悲観」は最高の買い材料である理由と証明。』の画像

政府は今年中に副業を解禁します。これだけ世の中が速いスピードで進んでいる中で、終身雇用を前提としたやり方が難しくなっているからです。今まで盤石だと思われていた企業も、舵取りを間違えればあっという間に倒産の危機に陥ることも珍しくはありません。つまり、会社に
『大副業時代到来で収入格差はますます広がる!稼ぐにはどうしたらいいのか?』の画像


↑このページのトップヘ