チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間110万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

2018年04月

世界的なタバコ製造・販売会社であるフィリップ・モリス(PM)と、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)を買い増ししました。ここ最近はタバコ銘柄全般が絶不調です。特にフィリップ・モリス(PM)に関しては、一晩でマイナス16%以上の下落と、1人リーマン・ショック状態とな
『大暴落したフィリップ・モリス(PM)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)を25万円分買い増ししたよ!』の画像

アメリカの動画ストリーミング会社であるNetflixが1日で9%以上の株価上昇を記録しました。要因は、今年1~3月における有料契約者数が前年度比40%上昇という、アナリスト予想を大きく上回る驚きの売上大幅増加の好決算を発表したためです。アメリカ株式はFANGと呼ばれるハイテ
『違法コンテンツが流行るのは日本の怠慢。』の画像

「資本主義は自動的に、持続不可能な格差を生み出す。」数年前、700ページ以上もあり、一冊6,000円もする本がバカ売れしました。タイトルは21世紀の資本という本で、著者はフランスの経済学者であるピケティです。ピケティは世界各国の所得や富に関する過去200年の膨大なデー
『r>gであれば、gからrになる必要がある。』の画像

アメリカのトランプ政権の支持率が40%と、年初来最高水準まで上昇したことが明らかになりました。対して、日本の安倍政権の支持率は26.7%と、政権発足以来の過去最低水準までに低下しています。安倍政権の支持率低下は、当然ながら「モリカケ問題」が影響しています。森友学
『トランプ支持率40%、安倍支持率26.7%の真実。』の画像

NYダウはしばらく乱高下を繰り返している安定市場と言われるアメリカ市場であっても、最近はボラティリティ(価格変動)が激しい傾向が3ヶ月程続いています。もともと、アメリカは市場規模から言ってあまりにも巨大すぎるため、仕手化、すなわちマネーゲーム化することが不可能
『リーマン・ショックは再来しない。』の画像

世界には様々な株価指数が存在する株価指数とは、国や特定セクターの株式市場の値動きを測るために用いられる指標です。通常、指数は様々な銘柄を元に平均株価を割り出すのが一般的です。世界の代表的な指数には以下のようなものがあります。■アメリカNYダウ:ニューヨーク
『株価指数は買っておくべき理由。』の画像

2018年度。日本が中国を抜き、海外M&Aの年間トップに躍り出る可能性が高いとの結果が出ています。リーマンショック以降、日本企業は海外M&Aを積極的に行なってきましたが、ここ数年で買収案件が激増しています。海外M&Aは一歩間違うと多額の損失を出してしまうことや、日本企
『日本企業は海外M&Aで生き残りの賭けに出るしかない。』の画像

モルガン・スタンレーのストラテジストは、日本を含むアジア株はただちに売却すべきと、目標株価を大きく引き下げたことを発表しました。モルガン・スタンレーによれば、「中国や香港、日本などの株価指数が今年1月の高値に再び接近する公算は限りなく小さい」と予想しており
『ヘッジファンドが儲かる仕組み。』の画像

はじめまして。いつもブログを拝読させていただいております。 ぎりぎり20代の初心者投資家です。いつも有益な情報をありがとうございます。チョコ様のブログを拝読し、最近投資の重要性に気づき投資をはじめました。内容は積立NISAで夫婦年40万ずつ、楽天のVTIに。それとは
『初めての米国株ならS&P500(1557)かVTIか。』の画像

ロシアの株式市場が13%の大暴落を記録しました。原因は、アメリカ政府が新たに示したロシア向けの制裁措置です。ロシアが16年のアメリカ大統領選においてサイバー攻撃を行い、大統領選に多大な影響を与えたとして、ロシア企業や政府に対して経済制裁を実施すると発表したので
『ロシアも所詮アメリカの犬に過ぎない。』の画像

↑このページのトップヘ