チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間207万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

2018年01月

米国株に投資するメリット。それは「ドル建て資産を持てる」ということも大きいです。なぜなら、将来的に日本は円安の道を突き進むことになるからです。自国通貨の価格が安くなるということは、相対的に見て貧乏になっていくということ。そのため、世界の基軸通貨であるドル
『米国株投資で、ドル資産を保有しておくことはかなり有効。』の画像

(どんな結果であれ、めちゃくちゃ喜ぶ!ポジティブ思考ちょー大事!!)10日のアメリカ市場は"金利"が材料視されました。アメリカの長期金利が一時2.6%に迫る場面があり、株価の逆風となったのです。金利が上昇した背景には、中国の存在があります。中国はアメリカ国債の最大
『長期金利上昇でディフェンシブ株がボコボコに売られる!!』の画像

(Huluで配信されている米ドラマ「シリコンバレー」超オススメ!!)2017年に特許を最も多く取得したアメリカの企業はIBMでした。これで、IBMは25年連続での最多特許獲得企業となり、2016年の特許数記録を塗り替えたことになります。IBMがここ最近で重要視している特許は、仮想通
『IT銘柄に集中投資したいと考えている場合。』の画像

(トランプの暴露本を読んで喜ぶキムちゃん。英語読めたっけ?)去年に引き続き、今年も世界的な株高傾向は継続しており、世界経済の中心であるアメリカの株価も絶好調です。さて、そんな中世界的リスク分析を専門とするコンサルティング会社のユーラシア・グループが出した最
『地政学リスクは、間違いなく買いのサイン。』の画像

おっけーおっけー!!チョコがいるからもう大丈夫!!!!紀元前から続く個別株とETFの違いがわからないという国際問題を今この場で全て片付ける!!もう大丈夫だから!安心してほしい!!!!世界の平和はチョコが守る。はんっ!!グンマ!グンマ!グンマのまいやーーーん!
『個別株とETFの違いを世界一わかりやすく説明する!!』の画像

ロバート・キヨサキ氏の著名書「金持ち父さん 貧乏父さん」によれば、お金をポケットに入れてくれるものを資産と呼び、お金をポケットから奪っていくものを負債と定義しました。つまり、ガチホしてるだけで配当がチャリンチャリン入る株などを資産と呼び、ガチホしてるだけで
『お金をポケットから奪っていくものは負債。』の画像

(トランプはハッピーホリデーではなく、メリークリスマスを強調)何かと話題が尽きないトランプ大統領。そんなトランプ大統領が「フェイクニュース賞」を発表するとアナウンスしました。発表は今月17日。この賞は、「最も間違いが多く、偏った主要メディア」に贈るとしていま
『【2018年1月時点】NYダウ各銘柄の配当利回りランキング。』の画像

繰り返しになりますが、2017年はものすごくボラティリティが低い年でもありました。これが変化したときには、想像も付かないような暴落局面に陥る可能性も十分にあります。また、おしりに7の付く年は株価が暴落するというアノマリーは免れたものの、投資界隈では依然として株
『ナンピン資金を確保せよ!』の画像

夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!夜叉姫夜叉姫夜叉姫ぅううぁわぁああああ!!!あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!ス
『桃太郎電鉄で投資と資本主義社会を学ぼう!!』の画像

先ほどの記事「2018年はボラティリティに注意しなければならない理由。」にも書きましたが、2017年はものすごくボラティリティが低い年でもありました。これが変化したときには、想像も付かないような暴落局面に陥る可能性も十分にあります。実際、ボラティリティが高いと、
『ボラティリティが高く精神病になってしまう。』の画像

(2015年 中国ショックでは、投機に浮かれていた投資家が無事死亡・・・)マネックス証券の広木氏が「2018年は価格変動に注意しなければならない年」だと指摘していました。これはどういうことかというと、株価そのものがリスクになるということです。通常、株価下落に陥る場合
『2018年はボラティリティに注意しなければならない理由。』の画像

仮想通貨が大変盛り上がっています。日本でも学生で億り人が続出したり、仮想通貨リップル創業者の資産が4.2兆円で米国15位の富豪に躍り出るなど、その勢いは留まることを知りません。著名ブロガーたちも仮想通貨ブロガーに変貌し、その熱は沸騰し続けています。その仮想通貨
『無知な投資家は詐欺に遭う。』の画像

テレビ東京の経済番組モーニングサテライトが調査した結果によると、2018年に始めたい投資をアンケートしたところ、なんとアメリカ株への投資が仮想通貨を抜き2位となりました。何を買っても億り人と言われている仮想通貨を抜くって・・・すごくないですか!?専門家によると
『【朗報】アメリカ株を始めたい人が仮想通貨を上回る!』の画像

昨年から噂されていたスポティファイが、ついにニューヨーク証券取引所への上場を申請しました。スポティファイは音楽のストリーミング配信サービスで急成長しているスウェーデン発祥企業です。2006年の創業からわずか1年半で、欧州全体で800万人以上の顧客を獲得。2011年に
『世界最先端企業はニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を目指す。』の画像

大発会の日経平均は741円の大暴騰で幸先良いスタートとなりました。特に目を見張ったのがSBIホールディングス。日経平均構成銘柄ではないものの、なんと+454(+19.27%)の大幅高となって取引を終えました。証券会社が軒並み上昇したことで、今年は日本株の取引が活発化し、日
『アメリカはこれからが上昇の始まり。』の画像

■質問S&P500である1557を検討しています。1557を買う際、・通常NISA・2018年開始の積立NISAどちらの口座がオススメでしょうか?教えて下さい。SPONSORED LINK■結論積立NISAは投資対象商品が限られており、残念ながら1557は買えません。1557なら現行NISAをカブコムで開設す
『現行NISAとつみたてNISA(積立NISA)どちらにすべきか?』の画像

2019・2020年に、株の売却・配当益の課税率が現行の約20%から25%以上に引き上げられるかもしれません。投資界隈では話題になっていたニュースですね。ニュースの内容としては、所得格差の是正案として金融所得に対する税率を25%とかに引き上げる案は、専門家の間では以前か
『株の配当・売却益が近いうちに増税されるかもしれない件。』の画像

あけおめちゃん〜☆…って、いつまであけおめ言ってるんだよ!てか、またうまるかよ!!どんだけうまる好きなんだよっ!!って声が聞こえてきそうですが、うまるはチョコの生き別れの兄弟・・・今じゃ画面を通じてしか会えない悲劇のストーリーなのです。。(全米が泣いた!!
『2018年はチョコと「継続」に挑戦!』の画像

ブロガー皆様のブログを見ていると、年初めの振り返りとして昨年最も良く読まれた記事ランキングとやらを記事にされているのをよく拝見いたしましたので、流行りに乗ってチョコも便乗した記事を書いちゃいますね。流行りに乗っちゃうゾ!!では、2017年トップ5いってみよー!
『2017年の記事別PV数ランキング☆』の画像

普段、何かと忙しい私たち。仕事、家族、友人、恋人。現代人は本当に忙しいです。特にIT革命により一人がこなせる仕事量は増加の一途を辿りました。昔はパソコンがなかったので、各々の業務はかなり細分化されて分担されていました。ある意味、一人ひとりがコンポーネント化
『株式市場との付き合い方。』の画像

2018年。時は来た。時計の針は元には戻らない。だが、自らの手で進めることは出来る。かつて、誰もが成し得なかった神への道。人類米国株投資家計画だ。・・・日本株。株主優待という泣く子も黙るテポドンを利用することで、日本株は繁栄を謳歌し続けてきた。だが状況が変わ
『【2018】人類米国株投資家計画、始動!!』の画像

↑このページのトップヘ