チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成)

米国株中心に投資しています。 Profile:Men's/17歳教/東証1部IT企業社員

チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
いつも遊びに来ていただき、本当にありがとうございます。
大変お手数ですが、よろしければ1日1回クリック応援お願いします。
(ペコリ。)

2018年01月

(どんな結果であれ、めちゃくちゃ喜ぶ!ポジティブ思考ちょー大事!!)10日のアメリカ市場は"金利"が材料視されました。アメリカの長期金利が一時2.6%に迫る場面があり、株価の逆風となったのです。金利が上昇した背景には、中国の存在があります。中国はアメリカ国債の最大
『長期金利上昇でディフェンシブ株がボコボコに売られる!!』の画像

(Huluで配信されている米ドラマ「シリコンバレー」超オススメ!!)2017年に特許を最も多く取得したアメリカの企業はIBMでした。これで、IBMは25年連続での最多特許獲得企業となり、2016年の特許数記録を塗り替えたことになります。IBMがここ最近で重要視している特許は、仮想通
『IT銘柄に集中投資したいと考えている場合。』の画像

(トランプの暴露本を読んで喜ぶキムちゃん。英語読めたっけ?)去年に引き続き、今年も世界的な株高傾向は継続しており、世界経済の中心であるアメリカの株価も絶好調です。さて、そんな中世界的リスク分析を専門とするコンサルティング会社のユーラシア・グループが出した最
『地政学リスクは、間違いなく買いのサイン。』の画像

おっけーおっけー!!チョコがいるからもう大丈夫!!!!紀元前から続く個別株とETFの違いがわからないという国際問題を今この場で全て片付ける!!もう大丈夫だから!安心してほしい!!!!世界の平和はチョコが守る。はんっ!!グンマ!グンマ!グンマのまいやーーーん!
『個別株とETFの違いを世界一わかりやすく説明する!!』の画像

ロバート・キヨサキ氏の著名書「金持ち父さん 貧乏父さん」によれば、お金をポケットに入れてくれるものを資産と呼び、お金をポケットから奪っていくものを負債と定義しました。つまり、ガチホしてるだけで配当がチャリンチャリン入る株などを資産と呼び、ガチホしてるだけで
『お金をポケットから奪っていくものは負債。』の画像

(トランプはハッピーホリデーではなく、メリークリスマスを強調)何かと話題が尽きないトランプ大統領。そんなトランプ大統領が「フェイクニュース賞」を発表するとアナウンスしました。発表は今月17日。この賞は、「最も間違いが多く、偏った主要メディア」に贈るとしていま
『【2018年1月時点】NYダウ各銘柄の配当利回りランキング。』の画像

繰り返しになりますが、2017年はものすごくボラティリティが低い年でもありました。これが変化したときには、想像も付かないような暴落局面に陥る可能性も十分にあります。また、おしりに7の付く年は株価が暴落するというアノマリーは免れたものの、投資界隈では依然として株
『ナンピン資金を確保せよ!』の画像

夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!夜叉姫夜叉姫夜叉姫ぅううぁわぁああああ!!!あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!ス
『桃太郎電鉄で投資と資本主義社会を学ぼう!!』の画像

先ほどの記事「2018年はボラティリティに注意しなければならない理由。」にも書きましたが、2017年はものすごくボラティリティが低い年でもありました。これが変化したときには、想像も付かないような暴落局面に陥る可能性も十分にあります。実際、ボラティリティが高いと、
『ボラティリティが高く精神病になってしまう。』の画像

(2015年 中国ショックでは、投機に浮かれていた投資家が無事死亡・・・)マネックス証券の広木氏が「2018年は価格変動に注意しなければならない年」だと指摘していました。これはどういうことかというと、株価そのものがリスクになるということです。通常、株価下落に陥る場合
『2018年はボラティリティに注意しなければならない理由。』の画像

↑このページのトップヘ