チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

2017年10月


衆院選がヒートアップしています。希望の党の自爆により、自民党が圧勝するとのニュースが流れています。まあ、個人的には当然の流れだと思います。国の運営は、やはり自国を想うプロに任せたいものです。ところで小池さん。都政に専念しておけば支持率高いままだったと思う
『衆院選真っただ中!「石器時代に謝れw」毎日新聞の偏向報道。』の画像

私はおこ中です!日経平均が21年ぶりの21,000円台を回復したニュースは、瞬く間に注目を集めYahooニュースでトップに躍り出ました。やはり、みんな自国の経済情報は気になりますよね。で、気になるのが毎回出てくる「私には恩恵がない」的なカキコミなんですよね。「私の生活
『【おこな理由】株価上昇における「私には恩恵がない」のコメントについて。』の画像

「無茶押し付けられても数年耐えれば良い思いができる」「だからみんな頑張れた」そうなんですよね。人間の原動力って「希望」だと思うんですよ。※希望の党ではない。今つらいことでも、それが報われると思えたら人間ってものすごく頑張れるじゃないですか。人間って頭が良
『バブル世代じゃなくて良かったこともある。隣の芝生は青く見えるものです。』の画像

神戸製鋼所の不正データ問題。連日ニュースを賑わせていることもあり、既にご存知の方も多いのではないでしょうか。この問題、訴訟大国アメリカでも影響が拡大しています。ゼネラル・モーターズ、フォード、ボーイングも調査に乗り出しており、事態収拾の見通しは立っていま
『神戸製鋼所データ不正で、ますます米国市場の健全さが顕著に。』の画像

■AWRアメリカン・ステイツ・ウォーター / 17株配当利回り / 1.92%増配年数 / 62年(米国株No.1)■KOコカ・コーラ / 20株配当利回り / 3.21%増配年数 / 55年■TAT&T / 22株配当利回り / 5.47%増配年数 / 32年以上を購入しました。Tはいきなり6%も下落してしまったので、所謂ナ
『NYダウが過去最高値更新の最中、AWR,KO,Tを華麗に購入です。』の画像

日経平均が1996年以来、実に21年ぶりの高値21,000円を突破しました。失われた20年を乗り越えた、歴史的な日であることは間違いありません。これは安倍内閣がもたらした、これからの日本国の経済復活を示唆しています。さて、この報道を受けて株式を始めようと考えている方に
『米国株が日本株より圧倒的に優れているただ一つの理由。』の画像

F5ネットワークスはアメリカのワシントン州シアトルに本社に置く、ネットワーク・アプライアンス製品を開発をしているIT企業です。設立は1996年2月26日。NASDAQに上場しており、従業員は4,460人にもなります。F5の名前の由来は、竜巻の強さを評定するための尺度である「藤田
『[FFIV]F5ネットワークスはNASDAQに上場するWebサーバの負荷分散キング!』の画像

ヌコ様「よく聞け。Amazonに顧客を奪われそうなら、Amazonの株でヘッジすればいいのニャ。」ヌコ様、さすがです!!マジぱないっす!!いや、真面目な話、日本人が株を始める取っ掛かりには、ものすごく良い理由じゃないですか?ヤフーファイナンスのコメントを見ていて、ひ
『Amazonに顧客を奪われそうなら、Amazonの株でヘッジすればいい。』の画像

さて、衆院選が始まりました。皆さんは投票先はもう決めておられますでしょうか?え??わ、私ですか??『わ、私は当然、自民党一択です。』『だって、、自民党以外に入れるメリットないし・・・。』『あ、あと、、安倍さんの功績は贔屓目無しに尊敬してるし・・!』『経済
『ブラック経営者のワタミ渡邉美樹氏が自民党議員であり続けている問題。』の画像

むしろクウェートにも証券取引所あったのですねっ!!ちなみにストームトルーパーとはスター・ウォーズに出てくるキャラクターです。似すぎわろたwさて、クウェートといえば、なんといっても中東の原油大国です。アメリカのシェールオイル増産により、ダンピング合戦になっ
『クウェート証券取引所、銀河帝国軍の社交場だったw』の画像

私「なんかT下がってるよね〜。なんでだろ?」友人Hちゃん「おはよー」友人Hちゃん「下がった。株はやはり難しい。というかおれのGEヤバスw」私「GEは復活まで配当もらい続けるしかないよね〜」友人Hちゃん「そうだね。まじ損切りしたい・・・」私「やめときwてかやっぱ配当
『配当再投資戦略が無敵過ぎることに改めて気付いたお話。』の画像

Amazonが処方箋医薬品ビジネスに参入するとの報道がありました。Amazonの提携先は医療保険のユナイテッドヘルス・グループになるとの見通しです。昨夜の米国市場では、Amazonの提携先に選ばれないだろうと推測されるヘルスケア銘柄に売りが入りました。Amazonが今後どこまで
『Amanzon処方箋医薬品ビジネス参入から見る、JNJの強さ。そして日本は。』の画像

投資の世界では、質素倹約こそが資産形成における最大の鍵とされています。これは間違いなく正しい格言であり、質素倹約で生み出した資金を投資することで資産が増えて行くことは明白な事実です。著名なお金持ちは揃いもそろって超ドケチです。バフェットは質素倹約の代名詞
『【点と点のお話】必要ならばお金を使おう!自分にとって価値があるなら、それは最高の投資だ!』の画像

何が無くなったら最も困るか?を考えて企業のオーナー(株主)になる。すると、世界を支配できます。実際に支配できるわけではないですが、資本主義社会の構造上、絶対必要な企業に投資することは支配することと同義です。 何がなくなったら最も困るか?私たちの一日の生活を
『何が無くなったら最も困るか?を考えて企業のオーナー(株主)になる。』の画像

プロ野球で優勝した場合、祝勝会で選手・監督・コーチが互いにビールをかけ合うのが伝統となっています。テレビリポータもガンガンにビールを浴びせられてますよね。選手たちの嬉しい雰囲気がこっちまで伝わってきて、私はなかなか好きな光景です。ビールをかけ合うようにな
『優勝したらビールじゃなくて親会社の商品をかけ合うようにする構想から、ブランディングの大切さについて考える。』の画像

負の労働。勤労の義務とは、憲法典に定められた労働に関する義務規定です。国民の三大義務の一つでもあり、権利でもあります。義務とはつまり、「強制」です。本来「働く」とは自分や社会を豊かにする手段でした。しかし、経済大国となった先進国では、これ以上豊かな時代は
『負の労働。ベーシックインカムの本来の思想を解説します。』の画像

世間様は3連休です。投資家の皆さまは、どのようにお過ごしでしょうか?私は日頃の疲れを癒すように、初日の今日は死んだように眠って過ごしました。やっぱり家が一番です。持ち家はもっと良いですよ!サイコーです。さて、今のインターネット社会では家で過ごすにも安価で高
『投資家が3連休に絶対見るべき至高の映画。無料で観られます。』の画像

「歴史的和解」このハゲでお馴染みの豊田真由子さんですが、今回の選挙に立候補することになりました。さぞ苦しい戦いになるのかと思えば、意外や意外。市民の反応はとても良いとのこと。特に、子どもに大人気で、豊田真由子さんは時のヒーローになりつつあります。実は、小
『【このハゲの人】豊田真由子さんがお笑い芸人枠で出馬へw』の画像

「親会社のウォルマートと同じ商談ができる」!?なんと。西友ってウォルマートの子会社だったのですね!大江麻理子様、いや、WBSをいつも通り見ていたのですが、結構衝撃的な事実でした。いやはや、まだまだ私は勉強不足ですね。そもそも、ウォルマートは世界最大の小売企業
『[WMT]ウォルマートはIT投資を加速させている、世界最大のスーパーマーケット。』の画像

複利という考えがあります。20歳のときの10万円って10万円ではないのですよ。元金が10万円で、年間1%の利子で20-60の40年間運用したとします。すると、40年後には10万円が14万円になります。約50%増えることになるわけです。仮に年利2%だとすると、今度は倍の22万円になるの
『長期投資家が「宇宙で最強の力」を持っている理由をゴジータ4レベルで解説します。』の画像

ヘッジファンドは、そもそも歴史を辿れば富裕層から資金を預かり、戦争やインフレでも資金が減少しないように堅実に運用する組織でした。「ヘッジ」とは危険を避けるという意味です。「ファンド」は基金。他人から資金を預かり、リスクを避けながら増やすというのが本来彼ら
『ヘッジファンド「今年の運用成績悲惨過ぎィ!せや!ドルショートとポンドロングで勝負に出たろ!」』の画像

「頭と尻尾はくれてやれ」株式相場におけるあまりにも有名な格言の一つです。底値や天井を狙う欲を狙った取引は、結果的に買い逃し、売り逃しに繋がるという意味です。上がる上がると思っていても、みんなが上がると思っている中では売りが発生しやすいのです。日本証券業協
『JPXを売却。配当11年分の利益でした。ありがとうJPX!』の画像

連日、史上最高値を更新し続けるNYダウ。アメリカ経済は堅調そのもので、バフェットが宣言した100万ドル超えも非現実な話ではありません。毎月コツコツとS&P500を買いつつも、高配当銘柄を拾っていく戦略は実利的といえるでしょう。さて、毎月恒例ですが、今月も勉強の一環で
『【2017年10月時点】NYダウ各銘柄の配当利回りランキング。』の画像


↑このページのトップヘ