aflo_98295543
投資家としての側面を持つ本田圭佑氏 

貯金は悪。


貯金は悪=消費して資産をなくすことではないですからね。ビックリするほど誤解してそうな人が多かったので、念のため!



SPONSORED LINK


b2d9198e
金利が低い時代に貯金してもお金は増えない 

本田圭佑氏が「貯金は悪。」とつぶやいたことで、批判の声が殺到している。

たとえば、「あなたはお金があるから別!」だったり、「貯金しないと将来不安だろ!」などの声だ。

あまりの批判のリプライに、彼は翌日に「消費して資産をなくすことではないですからね!」と、釈明をツイートすることになった。

そもそも、本田圭佑氏は貯金することは死に金同然なので、投資してしっかりリターンを得ることが重要だと昨年も説いています。


実際、彼の指摘は正しくて、たとえば日本のみならず世界では物価が高騰し続けていますが、定期預金金利などは下がりまくりです。

昭和から令和にかけて、預金金利は300分の1となり今や年率0.01%、そしてマイナス金利政策によって預金しているだけで口座管理手数料を徴収することが検討されているほど。

つまり、預金していることは大きな損失となっているのが今の世の中であり、きちんと投資で資産運用することが大事なのだ。

未だに「貯金は正義」と考えている投資をしていない情弱は、近い将来想像以上に貧乏人生になる可能性は高いのです。

真実を言っただけなのに批判殺到とかかわいそう・・・

SPONSORED LINK