D6homR3VUAACawN
猫も杓子もビットコインだった2017年

「寝ているだけで、朝起きたらお金が増えている」

全国メディアで連日のようにバスに乗り遅れるなと叫ばれ、熱狂を生み出したビットコイン投資ですが、当時はまさにバブルとふさわしかった。

2017年4月に日本で仮想通貨法案が施行され、猫も杓子も口を開けばビットコイン、価格は10万円台から200万円まで急上昇しました。

しかし、バブルは呆気なく崩壊し、ビットコイン価格は40万円まで値を落としました。

あれだけビットコインと連呼していた一般人はもうどこにもいなくなり、

「ビットコインはオワコン」

という認識が一般化し、2018年は話題にすら上がらなくなったのだ。

SPONSORED LINK


bitcoin
価格変動が安定してきたビットコイン

しかし、まさに今、ビットコインが再び存在感を強めています。

それは米中貿易戦争の激化や、世界的な景気後退が指し示すリスクオフのトレンドが形成されたことで、世界中の投資家からビットコインに支持が集まったことです。

以前は「なんとなく儲かるから買う」と何も考えずに資金流入が相次いでいたビットコインに、「株のリスクヘッジの資産として」という明確な投資理由が生まれたのだ。

つまり、この瞬間にビットコインは「投機」から「投資」に生まれ変わったのである。

その根拠に、2017年のブームの頃はかなりボラティリティが激しい金融商品だったが、ビットコインの価格は非常に安定している。

むしろ、ビットコインよりも株の方が乱高下が激しく、投資家をハラハラさせる投資対象となりつつあるのが現状だ。

ちなみに、ビットコインが再び急上昇する可能性が高いと言われているのが来年2020年です。

ビットコインの総発行数は2,100万ですが、これから120年もの年月をかけて市場に発行されていきます。

ビットコインはマイニングという手法で掘削しているのですが、ビットコイン発行量の調整を目的に、マイニングを行うことで得られる報酬が半分になってしまう半減期というタイミングが4年に1回の割合であります。

発行量が抑えられることで、市場流通量が減ってしまうことから、相対的にビットコインの価値は上昇します。

次の半減期は2020年5月24日前後であり、過去2回の半減期でも価格が上がっていることから、再度値を上げる可能性は高いです。

ビットコインを今から仕込むのは、かなり効果的な投資方法と言えるでしょう。

なお、チョコは「コインチェック」を利用してビットコイン投資を行っているので、ビットコイン投資を始めたい方は同じ取引所を使うのがオススメです。

時代は再びビットコインに向かってる!!

SPONSORED LINK