horie-hiroyuki
正論をグサグサと展開するホリエモンとひろゆき 

自分と同じカテゴリーの人が成功するのが許せないんだろうね

「資本主義と民主主義でいる限り、資本家が得をする構造は変えようがない」

「経営者が優遇されていると思うなら、自分がその立場になればいい」

ひろ 論理的に考えたり、長期的に見てどういう結果になるかとか想像しているわけじゃないと思うんですよ。「金持ちを叩きたい」が先にあるので、議論すること自体が難しいんじゃないかと。 「自分の給料が低いのは、金持ちが搾取してるせいだ!」みたいな考えじゃないすかね。 

ホリ 困ったもんだ。経営者や起業家がいなかったら、雇用が生まれないから、もっと給料は下がるのにね。 

ひろ まあ、それがわかったり、自分で仕事を作ろうとする人は、他人の懐具合に文句は言ったりしないんでしょうけど。 

ホリ たぶん自分と同じカテゴリーの人が成功するのが許せないんだろうね。正しくは、同じカテゴリーだと"思っている"人。 

ひろ 自分と同じような人間なんだから、自分がそうなってないのはおかしいってので、嫉妬するってことですかね。 

ホリ 普通に考えればね。「金持ちはズルい!」「アイツは悪いことしているに違いない!」って感情が勝っちゃうんだろうね。 

出典:https://wpb.shueisha.co.jp/news/economy/2018/11/11/107500/
SPONSORED LINK


97509bb8
資本主義社会は労働者から富を奪う社会システム 

経営者が叩かれるのは世の常ですが、経営者以上に叩かれる存在なのが投資家です。

「投資はギャンブルであり、パソコンの前でポチポチするだけでお金を稼ぐのは人間失格」

「汗水働いて稼ぐのが最も尊く、サラリーマンになって働け」

世の中の常識というのは、投資家は世の中に貢献しない社会不適合者だと認識されています。

しかし、実際はどうでしょうか?

日本のサラリーマンの年収は400万円ですが、年間の所得税はたったの10万円程度です。

一方、投資家はリスクを背負って稼ぎ、サラリーマンたちより遥かに多くの税金を支払い、日本のために貢献しているのです。

そのため、世の中に貢献しているのは税金面だけ見ても、投資家に決まっています。

しかも、投資家は社会にお金を差し出すことで、新しい産業を生み、雇用を生み出す源泉を作っている。

サラリーマンは敷かれたレールに乗って初めて働くことが出来るわけで、そのレールを敷いたのは投資家なのである。

何のリスクも背負わず、税金も支払わず、産業を作ることもしないサラリーマンが投資家よりもデカイ顔をし、ギャンブラーと一蹴している構図は、いかに日本人の知識が浅く、資本主義社会を履き違えているか良く解る事例であると言えるわけだ。

お金を稼ぐ者こそが偉い社会、それが資本主義というシステムだ。

今は労働者でも投資をすることで資本家になれる良い時代

SPONSORED LINK


時間革命 1秒もムダに生きるな
堀江貴文
朝日新聞出版
2019-09-20