001_size6
月収1,500万円に増加していることを告白したえなこ氏 

YouTuberが大金を稼げる職業として世間で認められるようになって来たが、コスプレイヤーも成功すれば大金を稼げる職業としてこれから人気が出て来るでしょう。

そもそもコスプレイヤーとは、もともとはアニメや漫画のキャラクターになりたいという願望で、自分で衣装を作ったり、ヘアアレンジをしたり、カラコンなどで自分を装飾し、仲間うちでワイワイするだけのコミュニティに過ぎなかった。

しかし、2000年以降のインターネットの普及により、日本のアニメや漫画が海外で人気を博すようになり、今までオタクだけが嗜むカルチャーだったものが、「アニメや漫画ってカッコいいじゃん!」という様に文化が変わった。

それに後押しされるように、コスプレ文化も急速に広がりを見せ、最近ではテレビでタレントとして出演するプロのコスプレイヤーが登場するようになっている。

たとえば、コスプレ界隈でパイオニアとして君臨するえなこさんは、昨年ごろからキー局のTV番組に出演するようになり、先日もテレビ朝日系バラエティ番組「サン・ジェルマン伯爵は知っている」に出演した。

その中で、彼女が年収を聞かれた際に「最高月収1,500万円」と明かした。

昨年は年収2,000万円と言っていたのに、今年は月収1,500万円なので、少なくとも年収は億レベルになっていることは容易に想像出来るでしょう。

SPONSORED LINK


2038178
プロになれば、活動内容はもはや経営に近い 

彼女の収益源はグッズの販売や写真集、そしてタレント活動です。

さらに動画配信アプリでユーザーからおひねりを貰っており、時給に換算すると20万円も稼げる。

コスプレイヤーは年々増え続けており、大勢のアニメや漫画のファンが集うコミケは、もはや「第2のえなこ」を目指したコスプレイヤーのオーディション会場になっている有様です。

とはいえ、えなこさんみたいなプロのコスプレイヤーとして活動できるのは一握りでしょう。

ヒカキンがYouTuberで年間数億円を稼いでいることが広まると、世間の人はこぞってYouTubeに自分の動画をアップしましたが、結果的に売れたのは一部の先行者だけであって、99%の人は時給5円にも満たない収益となり辞めてしまいました。

YouTuberと同じように、コスプレイヤーで食っていくには見た目ももちろんですが、運も必要で、いかに時代の流れに乗って先行者利益を享受するかがポイントになる。

コスプレ評論家の牛島えっさい氏によれば、全国にコスプレイヤーは5万人いると言われています。

物販などのサークル活動をしている人は1,000人程度、撮影会や写真集などの収入で、コミケなどの大イベント時には平均して3万~100万円程度の売り上げになるとのことです。

人気コスプレイヤーの中にはえなこさんのように1回のイベントで300万円以上稼ぎ、年間で1,000万円程度稼いでいる人もいますが、年収1,000万円の壁を超えるのはカンタンではないと評価します。

そもそも、コスプレイヤーというのは衣装代や活動費に多額のお金がかかるので、 年収1,000万〜2,000万円稼いだところで、実際に手元に残るお金は相当少なくなるそうです。

どこの世界でも稼げるのは一握りで、その他大勢は稼げるどころか赤字です。

最近は中国人コスプレイヤーが席巻し出してるね

SPONSORED LINK