51E588F5-63CE-43E1-BE5E-AFD052EC6AC5
ドイツがリセッションともなれば、西側経済は壊滅する 

長らくヨーロッパの優等生として、西側の経済を牽引してきたドイツがまさかのリセッションの危機に直面しています。

ドイツの4~6月の実質成長率は、前期比でマイナス0.1%となり、3期ぶりのマイナス成長となったばかりでした。

7~9月期に2四半期連続のマイナス成長となる可能性は高く、リセッションともなればヨーロッパ全体を巻き込んで不景気が到来する可能性が高いです。

さらにドイツのリスクになっているのが、アメリカによる自動車輸入関税の大幅引き上げです。

ドイツは日本と同じく旧産業である自動車などの製造国家であり、IT分野では遅れています。

ここで関税引き上げに遭えば、日本で言えばトヨタが殺されるようなものであり、瞬く間にドイツ経済は崩壊する。

SPONSORED LINK


E5F3DE2B-EED2-49FE-AE5E-578D4E83EE18
イギリスのEU離脱もドイツ経済に及ぼす影響は大きい 

そしてイギリスのハードブレグジッドも問題です。

ヨーロッパのリーダーとして君臨するイギリスがEUから抜けるとなれば、イギリス経済は風邪を引き、ドイツは肺炎になる。

ドイツが肺炎になれば、スイスなどの隣国にも悪影響を及ぼすことが必至なので、ヨーロッパ全体が瞬く間に機能不全となるでしょう。

東側ではアメリカと中国がドンパチ経済戦争をしているのですが、西側もこの有様では世界経済の低迷はもはや避けられそうにありません。

世界経済が低迷すれば、当然企業業績も落ちていく一方であり、株価は暴落、配当を減配する企業も増えてくるでしょう。

そのため、投資家は株にフルインベストするのは辞めて、賢く分散投資することでリスクを抑えていくべきです。

分散投資にオススメな投資方法を紹介します。 

1つ目にオススメな投資方法
まず1つ目が自動的に効率的な運用を行ってくれる「WealthNavi」です。

これは米国株のみならず、米国債券や米国不動産、そしてゴールドなどに効率的な分散投資をしてくれるので、株の含み損を他の資産が補ってくれるメリットがあります。

完全放置で運用を任せられるので、相場に一喜一憂することなく腰を据えた分散投資が行えます。


■2つ目にオススメな投資方法
2つ目が株と違って元本変動がないにも関わらず、平均利回り6.99%の高配当が得られる「クラウドバンク」です。

2014年のサービス開始から元本回収率100%という驚異的な実績があり、全ての投資家に利益を与えています。

相場に一喜一憂することなく腰を据えた高配当投資が行えます。


■3つ目にオススメな投資方法
そして3つ目はビットコイン投資です。

リセッション時こそ株以外もポートフォリオに加える分散投資が必要になるのですが、先述した「WealthNavi」にはビットコインは含まれていません。

そのため、ビットコインだけは個別に買う必要が出てくるのです。

米中貿易戦争で株価が暴落する最中、ビットコインは反比例して値を上げていったように、世界経済が不安的になればなるほどビットコインの価値が上がっていく性質があることが判明したので、もはや仮想通貨への投資は無視できないものとなっています。

なお、ビットコインを買うならチョコと同じように「コインチェック」で投資することがオススメです。

株だけに一極集中投資はフツーの投資家はメンタル持たないよ

SPONSORED LINK