9B788092-58D6-4881-9BB0-BEE44FEA5EC5
ビットコインが急伸したのは必然 

トランプ大統領が中国からの輸入に対して3,000億ドルに及ぶ第4弾の追加関税を課すことを明らかにしたことで、世界株式市場が再び不安定な相場に陥っている。

2000年以降、今まで内需が中心だった世界各国は急速にグローバリゼーションの波に乗り、貿易を大幅に拡大、過去類を見ないほどの好景気となりました。

貿易とは互いに足りない穴を補完し合う作業なので、世界が豊かになるのは必然だ。

しかし、米中貿易戦争によって世界第1位、2位の国がお互いに関税を掛け合うことは血管を詰まらせることと等しく、壊死してしまう部位=国が発生し、いずれは経済全体が滅びる。

経済を作っている企業の業績は当然ながら下落することになり、しばらくの低迷は避けられない。

SPONSORED LINK


7D822112-E6E9-4401-9211-E76CAC0EDBDD
世界株式が急落するなら、ビットコインは急伸する 

しかし、その中でも元気よく値を上げている金融商品がありました。

それがビットコインです。

トランプ大統領が対中関税の第4弾を発動したのと同時に、ビットコインが突如急伸したのです。

これは、ビットコインはゴールドと同じ価値を保有しているためで、世界経済が不安定になればなるほど資産の逃避先として好まれます。

なぜビットコインが安全資産の側面を持ち合わせているのか?と言えば、米中貿易戦争で大幅な打撃を受けるのが新興国であるためです。

世界の90%以上はそもそも新興国なので、経済が不安定になればアルゼンチンペソのように通貨価値は暴落、人々はビットコインを持とうとします。

つまり、米中貿易戦争収束の見通しが立たない状態が続く可能性は高いので、世界中からガンガンビットコインに資金が雪崩れ込む局面は続くでしょう。

あなたのポートフォリオには、株のみならずビットコインを加えておくことはもはや必至です。

なお、ビットコインを始めるならいきなりガツンと買うのではなく、コツコツ定期的に買っていくドルコスト平均法を採用するとリスクが下がって良いです。

コツコツ買うとどうしても取引手数料が気になりますが、業界No.1の「コインチェック」ならば現物取引手数料が無料なのでオススメです。

ビットコインを保有しないとかもうあり得ないから

SPONSORED LINK