E1BC3933-4C06-47DD-92DB-22D3EAE947D3
7CDD2CE9-3D2E-411A-BEFC-0ABD787AD692
延々と黒字化出来ないウーバーに、失望売りが殺到した 

ウーバーはいわゆる白タクビジネスで、日本では法律上禁止されています。

しかし、アメリカでは禁止してガチガチに縛り付けるよりも、世の中をより便利にするための施策が好まれる傾向があるため、ウーバーのような新しいビジネスがガンガン生まれ、業界の構造自体を変えていくのです。

事実、ウーバーはタクシー業界を根底からひっくり返し、人々がより便利に、気軽に、そして安く配車を利用することが可能となり、もはやウーバーなしでは生活出来ないという人もいるほど。

そんなウーバーは今年5月に満を持してNY市場に上場を果たしましたが、公開価格は1株45ドルで1億8,000万株を売り出しましたが、初日は41.57ドル(-7.62%)と大幅下落の結果となり、ほろ苦いデビューとなりました。

SPONSORED LINK


3D843302-DBC6-4F67-AA9C-C02CF726EF79
道路は国の税金で勝手に作られメンテもされる 

ウーバーの上場前には、ライバルであるリフト(LYFT)が上場したばかりでしたが、ウーバーと同じく上場初日は大幅下落に終わり、その後も株価は低調です。

さらに先日ウーバーが決算を発表しましたが、売上高が市場予想に届かず、純損益は52億4,000万ドルと過去最大の巨額赤字で、またもや株価が急落した。

投資家らは配車サービス業界自体への将来性に疑問を持っており、積極的な買いが入らない。

配車サービスという発想自体は、タクシー1強だった業界を根底から覆す画期的なアイデアだったと言えますが、これらのサービスは参入障壁が低すぎてチキンレースになる可能性が高いのです。

なぜ、チキンレースになるのでしょう。

たとえば、ウーバーのビジネスの仕組みを簡単に言えば、クラウド上に配車システムを構築し、あとはドライバーを募集し、あとはドライバーが顧客を乗せて、運賃が支払われるごとに20%の手数料を徴収するという構造です。

ITシステムのネットワークはAT&Tやベライゾンなどのように多額の投資コストをかけなければならないため参入障壁が高いのですが、自動車が運転するには既に敷設されている道路を使えばいいわけなので、ドライバーさえ集めればすぐに運営が可能となってしまいます。

つまり、配車サービスは投資コスト=参入障壁が極限に低いという致命的なデメリットがあるのだ。

タクシー業界が薄利多売の過当競争に陥ったように、今ではウーバーのような配車サービスは飽和状態になっていて、思うように儲けを出せない可能性が高いでしょう。

現状、かなりの手数料取っていて、その上で万年赤字体質だと、将来性が無いと判断されて当然です。 

イノベーションがあるイコール株価が上がるとはならず、このような銘柄は絶対に買ってはならない。

ドライバーからの賃金値上げ圧力も強まってるしUBERはかなり逆風…

SPONSORED LINK


UBER ウーバー革命の真実
立入 勝義
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2018-12-27