play
ゲームで遊んでいるだけで3億円が貰える!? 

政府が副業解禁の大号令も虚しく、未だに日本企業の4分の3以上が副業を認めていません。

認めない理由を見てみると、副業禁止と答えた企業の82%が「過重労働で本業に支障を来す」と謎の回答をしており、

「そもそも安月給で過重労働を強いているのはおまえら自身だろ!」

というツッコミをせざるを得ない。

では、それに見合うだけの給料を出せばいいだけの話であって、そもそも勤務時間以外のプライベートな時間をどう使おうと個人の自由なわけです。

それで本業に支障が出たならば、個別に注意すれば良いのです。

SPONSORED LINK


4c09bd87
16歳の男の子がゲーム大会で優勝して3億円を手にした 

では、なぜ日本企業はここまで副業を縛り付けるのでしょう。

それは、社員を縛り付けておくくらいしか企業側が社員をコントロール出来ないブラックであるためです。

詰まるところ、4分の3の日本企業はただのブラック企業なので、そんなブラック企業に縛られて安月給でこき使われ続けるよりも、さっさと自分のスキルを磨いて副業を始めたほうが賢明です。

今では「好きなことをお金に出来る時代」が到来しており、自分のスキルがそのまま収入に直結します。

たとえば、日本人初の女性プロゲーマーで、ゲーム大会で優勝経験があるチョコブランカさんは、フツーのOLからゲーム界のトッププレイヤーにまで上り詰めました。

彼女は元々ゲーム好きで、大学生の頃からずっとゲームセンターに入り浸っており、バイトもゲームセンター勤務だったそうです。

さらに、そのバイト代でゲームをするという、まさにゲーム漬けの毎日だった。

彼女は結果的にゲーム好きが講じて、アメリカのプロゲーム団体に所属するまでに至り、今ではOL時代と比べると年収は3倍までに膨れ上がりました。

単純に「好き」という気持ちで続けていたゲームの趣味が、今では年収1000万円以上を余裕で超える収入を生み出したのです。

最近では、ニューヨークで開かれたシューティングゲーム「フォートナイト」の世界大会で、アメリカの16歳の男の子が優勝して賞金3億2,600万円を手にしました。

ゲームでお金が稼げるなど、10年前は誰しも思っていなかったわけですが、今や趣味が本業収入を超える時代に突入しているのだ。

ちなみに、チョコも副業で毎月100〜200万円ほどの収入を得ており、特にブログは設備投資など何もいらず、自分1人とスマホだけで稼ぐことが可能なので副業を始める第一歩としては超優秀です。

ブログで副業を始めたいと考える賢いサラリーマンのために、チョコのブログ運営ノウハウを惜しげも無く詰め込んだ「チョコの戦略的ブログ術」が絶賛発売中となっています。

現在5,980円ですが、定期的に売れていく人気noteなのでしばらくしたら6,980円に値上げする予定なので、気になる方はお早めにどうぞ。

好きなことでお金を稼ぐ時代が到来してるってことだよね

SPONSORED LINK