スクリーンショット 2017-07-14 19.43.37
所得税が重すぎて、金を稼いでも金が流出する 

お金持ちになるために頑張って仕事をして給料を上げようと考えるサラリーマンは多いですが、残念ながら給料が上がったところでお金持ちになることは不可能です。

なぜなら、日本という国は給料が上がればその分税金が高くなる累進課税制度が採用されており、そしてその税率は先進国の中でも高いです。

たとえば、年間所得が195万円以下であれば所得税は5%ですが、700万円を稼ぐと33%も取られ、4,000万円を超えると45%も消えていきます。

これに住民税が一律10%かかってくることになるため、仮に1億円を稼ぐ人がいたとしても手取りは5,000万円を切ってしまうのです。

つまり、いくらサラリーマンで稼ごうが、昇給すれば「罰金」が待っているわけで、その昇給分は相殺されていつまで経っても金持ちになんてなれないのです。

SPONSORED LINK


スクリーンショット 2019-07-14 14.14.31
ソフトバンクG孫正義も、給料で資産形成をしていない 

世の中のお金持ちは、給料で金持ちになっていません。

ほぼ大半が株やFXなどで稼いで資産を増やしています。

これは経済成長することで株価が上がり資産が押し上げられるという理由もありますが、最も大きい要因が税金であることは押さえておきたいポイントです。

たとえば、株やFXは分離課税が適用されているので、いくら稼ごうがかかる税金は20%で一定となっています。

つまり、1億円を本業で稼いだ場合は半分以上が取られて5,000万円以下になってしまうのですが、株やFXで1億円稼いだならば8,000万円が手元に残るわけです。

20%という税率は、年間所得195万円から330万円以下の場合と同等なので(所得税10%+住民税10%)、いかに投資の税制が優遇されているか分かるでしょう。

さらに、投資をする場合はNISAやつみたてNISAといった非課税制度も誕生しており、ますます投資家は富が得やすくなっている。

金持ちはその原理をよく理解していて、たとえば資産が2兆3,000億円のソフトバンクG孫正義氏は、あれだけの功績を残しておきながら会社から貰う報酬=給料は年間たったの1億円しか貰っていません。

しかし、自身の保有するソフトバンクGの持株から得られる年間配当収入が95億円もあり、さらに株価が上昇することによって彼の資産を強烈に押し上げるエンジンとなっているのだ。

あなたがお金持ちになりたいと願うのであれば、仕事をがんばって昇給を目指すのではなく、いかに投資で儲けるかに主軸を置いた方が良いでしょう。

「貯蓄から投資」の政策で、株やFXはさらに優遇される流れになると思う

SPONSORED LINK


孫正義 300年王国への野望
杉本 貴司
日本経済新聞出版社
2017-06-15