iphone1
iPhoneがお気に入りならば、Appleに投資するだけ 

株式投資と言えば、チャート分析、決算書読解力、市場調査や経済情報収集など、何かと専門知識が要求される難しいイメージがあります。

実際、テレビで特集される投資家は、たくさんのディスプレイの前でチャートを駆使し、キーボードを打ち続けて売買を行なっているため、より一層初心者には難しい印象を与えます。

しかし、実際の株式投資というのはカンタンです。

専門知識は一切不要ですし、むしろ誰もが楽しみながらお金を儲けることが可能です。

言ってしまえば、スタバで「ショートソイオールミルクアドリストレットショットノンシロップチョコレートソースアドホイップフルリーフチャイラテください」と呪文のようで難解なコーヒーを注文するよりも遥かにカンタンなものなのです。

SPONSORED LINK


img01
Windowsが好きならば、Microsoftに投資しておくだけ 

たとえば、あなたが普段からiPhoneを使うユーザーであれば、Appleに投資してそのまま放置していれば良いのです。

これで株式投資は完了で、毎日チャート分析する必要性もなければ、決算書を見る必要もなく、市場調査や経済情報の収集も必要ありません。

あなたがiPhoneに魅力を感じなくなり、Androidに乗り換える日が来るまで放置していれば良いのです。

iPhone 3GSの登場で人々は「革新的だ!」とiPhoneに群がり、それまでのガラケーを投げ捨てました。

そして、多くのiPhoneユーザーは今でも浮気することなくiPhoneを使い続けているし、チョコもそのユーザーのひとりです。

では、iPhone 3GSが発売された2009年から2019年までの10年間で、Apple株はどのようになったでしょうか?

答えは、20倍にまで株価は上昇しました。

2009年は1株11ドルでしかなかったApple株は、次々と革新的なiPhoneを出し続け、ユーザーを魅了し、2019年には220ドルを突破したのです。

つまり、あなたがiPhoneに魅力を感じているということは、他の人にとっても同じようにiPhoneに魅力を感じていることでもあり、そしてそれがAppleの売り上げに繋がり、株価上昇に繋がるのだ。

あなたの目が節穴で無い限り、普段から接している良いと思える商品やサービスを提供している企業に投資すれば、それはきっと最高の株式投資になり得るはずです。

同じ理論で、普段からVISAカードを使っているならVISAに投資すれば良いし、Windowsを使っているならMicrosoftに投資しておけば良いのです。

なお、Apple株などの米国株を買うには「サクソバンク証券」などの外国株にアクセスが可能な証券口座を開設することが必要です。

サクソバンク証券の無料口座を開設する

専門知識があっても株で儲けられない人はごまんと居るからな

SPONSORED LINK


ティム・クック―アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
リーアンダー・ケイニ―
SBクリエイティブ
2019-08-16