20190410064733
人間は感情に支配されており、感情は不合理な時もある 

多くの個人投資家が「投資で儲からない」と嘆く最大の要因は何でしょうか?

それは「感情」に負け続けるからで、目先の含み損に耐えられないためです。

とはいえ、これは人間に本来備わっている本能であって、危機回避能力とも言えます。

たとえば、あなたの昔の記憶を何でも良いので思い返してください。

パッと頭に浮かぶのは、ムカついたこと、恥ずかしかったこと、悔しかったこと、悲しかったことなど、なぜか嫌な記憶ほど鮮明に覚えているかと思います。

SPONSORED LINK


スクリーンショット 2019-06-29 12.02.54
パチンコでも感情的になれば大負けする 

一方、楽しいことや幸せなことは意外と思い出せないものです。

実は、この現象は医学的な根拠があり、嫌な事、辛い事、危険な事をまた繰り返さないよう、人間の本能の中にしっかり記憶される機能が備わっているためです。

投資で言えば、利益が出た喜びよりも、損失が出た悲しみの方が強烈なインパクトが脳に、そして心理的に負荷を与えます。

すると、人は本能的な危険を察知したとして株を投げ売ってしまうのです。

さらに、株のことを考えるたびに損失の記憶がずっとフラッシュバックして、悔しさを挽回するために理性が吹っ飛んでリスクのあるギャンブル投資に手を出します。

そして、多くの個人投資家は退場します。

パチンコでも、勝負に熱くなり過ぎて「あと少しで勝てる!」と追加でお札を機械に吸い込ませる人ほど負ける法則がありますが、感情的になればなるほど儲からないように出来ています。

株式投資もこのロジックと同じで、人間の最大の敵である「感情」に負けなければ勝てるようになっています。

つまり、感情を無くせば勝てるのです。

そのため、どんな時であっても感情を無にして機械的に買い続ける「積み立て投資」が、実はどんな投資法よりも有効なのです。

今、老後に2,000万円が年金の他に必要とのことで投資などの資産運用がフォーカスされつつありますが、デイトレーダーのように個別株を頻繁にトレードして儲かることはまずあり得ません。

それよりも、感情を捨てて淡々とインデックス投資を続けていく20年間非課税の「つみたてNISA」が多くの個人投資家にとって最適解であることは言うまでもありません。

感情は時にやっかいだから困るよね

SPONSORED LINK