CF66E69A-4B85-4DD4-A7DF-3803387E88B1
投資と投機、履き間違えると大惨事に 
かああああああああああああああああああああああああああ
 
100.12L刈られた

娘のお受験代でナンピンしたのに
公立でもしっかり勉強すればええんや
 
娘頑張れ
SPONSORED LINK


8010EA3F-C168-4B25-80BE-0662A11F75EE
FXはなぜギャンブラーを大量生産するのか 

「FXは博打」

巷ではこのような定説が流布されているわけですが、なぜでしょうか。

それは、FXは8〜9割が退場すると言われる熾烈なカネの奪い合いゲームであり、素人が継続して儲けることはほぼ不可能であるためです。

相場の格言でも「とにかく生き残ることを考えろ」と言われるように、戦場に自ら足を運びに行くようなものと言える。

そもそも、投資で大富豪になった世界的に著名な投資家はウォーレン・バフェットなど、株式投資ばかりでFXではありません。

ギャンブル気質が高い日本人でさえ、著名な投資家はBNFやcisなどの株式投資で財を成しました。

たまに、日本でも「FXで3億円稼ぎました!」という人がSNSや投資メディアで現れますが、数年すれば跡形もなく消えているのが通例です。

なぜ、株式投資と異なりFXでは持続的な資産増加が難しいのかと言えば、FXは株式投資と異なりゼロサムゲームであること、そしてレバレッジをかけることが基本なので、相場が暴落してもホールドし続けることが難しいためです。

たとえば、100万円の資金があっても、ドル円が1円動いて入ってくるお金はせいぜい1万円です。

しかも、1円のような大きな相場変動は早々起こらないために、通常は何銭単位で動くのが普通なので、レバレッジをかけなければ全く儲からない投資になります。

そのため、FXでは基本的にレバレッジをかけ、相場大変動時にロスカットを喰らって退場するのです。

つまり、短期決戦が基本なので、株式投資のように長期決戦で「全員が勝つこと」が不可能であるために、ヘッジファンドのカモにされるのがオチです。

娘のお受験代でナンピンは新しくて好きw

SPONSORED LINK