A1F264B3-0046-4C1E-BE5D-28B12649944E

——株のバーゲンセール

30年に及ぶ株主優待銘柄への投資歴を持ち、1億円の大損から奇跡の1億円の資産復活を果たした桐谷さん。

彼曰く、株を買うのはバーゲンの時が最も良いと指摘しています。

彼は株を百貨店に喩え、

「百貨店のバーゲンでは皆がモノを奪い合っているのに、株のバーゲンでは誰も買いに行かずに勿体ない話である」

と、下落局面で買わない投資家を一蹴しているのです。

安い時に買って長く持つのが、長期投資で儲けるコツだと言うことであり、投資家はバーゲンセールこそ優良株を喜んで買うに限るのです。

SPONSORED LINK


kanteishi-5point2e-min
 
桐谷さんの主張する戦略は、「配当金+優待投資の戦略」としては完璧と言えるでしょう。

配当金も優待も株価が下がれば、その分利回りが上昇することで、安くオトクに配当金と優待をゲットすることが可能だからです。

さらに、下落相場が一転上昇相場に転じれば、高い利回りを享受出来るどころか、含み益という「最高のオマケ」まで付いてくる。

桐谷さんは、配当金と優待券を合わせて4%以上の銘柄が「利回りの良い優待株」の基準と考えていて、特に事業内容や決算、将来の見通しに問題が無ければ迷わず買っているとのこと。

「安くなったら売って、人気が出て高くなったら買う」という間違った投資をしてしまう個人投資家は多いですが、本当に買わなければならないのは安くなった時です。

投資サイトや投資雑誌を見ると、証券関係者が「株が安いときには損切りを徹底すること」といったアドバイスをするので、個人投資家はそれが正しい投資法だと思ってしまう。
 
そもそも、個人投資家は下落局面で慌てて売買を繰り返すほど、損失を拡大してしまう傾向がありますが、機関投資家が短期的な利益を追求しなければならない状況と異なり、個人投資家はいつまでも株を握っていられる権利があります。

そのため、下落局面のバーゲンセールでは、優良株であれば損切りせずに耐えて、ナンピンするくらいがちょうど良いのです。

さて、米国株はコロナによって過去最高値とは程遠い位置にいますが、これはすなわちバーゲーセールは未だに継続中であると言えるので、個人投資家はこのチャンスをモノにすることが将来の資産形成に大きな影響を与えるものと言えます。

コロナのおかげでまだまだバーゲンは継続中

SPONSORED LINK