120E713B-39AC-46CF-9740-43309A09D146
リボ地獄に嵌ると、永久に抜け出せないのはなぜか 
現在のショッピングリボ 支払いコース

1万5千円コース(元利定額方式)

お支払い対象残高:1,434,166円
元金:16円
手数料:13,013円
お支払い後の残高(元金):1,434,150円



52A59E7D-0682-4521-BBD3-8AF9D8A7FCA9
SPONSORED LINK


BF6B12A2-3CE6-420F-8127-F9BF9A5961C9
無闇にリボ払いを避けるだけで、多くのお金が手元に残る 

子々孫々まで受け継がれそうなレベルで、返済しても返済しても元金が全く減らないのがリボ払いです。

たとえば、たった20万ちょっと返すのにも、2年くらいを要するのがリボ払いであり、リボ払いをしていた利用者からは「返済だけに金使っとったわけでもないけど、返済の間は生きた心地がしなかった」との声もあります。

そもそも、クレカの知識の無い人ほどホイホイとリボ払いに誘導されがちで、その恐ろしさに気付く人はごく僅かです。

リボ払いに誘導されるきっかけを探ってみると、たとえばメールボックスを覗いてみると、カード会社から送信されてくるメールには頻繁に、

「リボ払いにすると今ならポイントプレゼント!」

というメルマガがめちゃくちゃ来ることに気付きます。

情弱さんはそれにつられてリボ払いに変更してしまうので、元金が全く減らないリボ地獄に陥って、初めて自分の無知さに後悔する。

そもそも、クレジットカードは使ったお金が後払いになる「借金」の「契約」になります。
 
クレジットカードを使っても良い人というのは、いくらお金を使ったのかをきちんと管理出来るだけでなく、次の支払いの月に計画的に預金に引き落としのためのお金を残しておけるリテラシーのある人が使いこなせるものです。
 
ただ、その計算ができない、衝動買いで数十万も使ってしまう人がいるわけで、いつまで経っても返済が終わらない。

リボ払いであれば、いくら使っても1ヶ月に設定した金額しか引き落とされることはないので、日々の生活が苦しくなることはなくなります。

しかし、それを良いことにまた新たにリボ払いをしようものなら、月々の支払い額が芋づる式に増え続け、いずれリボ払い地獄に呑み込まれます。

支払いを何年続けようが、リボ払いの大半は「利息の支払い」になるため、元本は全く減らない。

クレカをオトクに使うなら一括払いが鉄則だよなぁ

SPONSORED LINK