metasura
実際問題、年収500万円の独身男性には全く出会えない 

現代ビジネスを眺めると、女性が求める男性の年収と現実について婚活分析アドバイザーに取材した記事があった。

中身を眺めてみると、もはや年収500万円は婚活市場には出回っておらず、メタルスライム並みにエンカウント率が低いレアキャラになっているようです。

婚活女子は、基本的には高スペックな男性を求めがちで、一昔前は年収800万円〜1,000万円くらいを追い求めた結果、永遠に結婚できないなんてこともあったそうですが、今は女性たちも現実を受け入れて、年収500万円あたりと妥協を始めているとのこと。

とはいえ、もはやこの国では年収500万円でも望みが高いと言われてしまう始末で、改めて日本が本当にバブル期を超える好景気なのか疑ってしまうほどです。

そもそも、婚活するために結婚相談所で婚活するには、入会金3〜10万円、登録料1〜3万円、月額費1〜2万円、お見合い料1万円、成婚料30万円と、ある程度年収が無ければ出来ません。

年収300万円以下はそもそも結婚相談所の利用すら出来ないので、世の中に存在しないものとして扱われているようである。

SPONSORED LINK


median-2-500x237
平均年収より、中央値の方が実態に則した値が分かる 

一方、国税庁によれば、日本のサラリーマンの平均年収420万円でした。

平均ということは当然400万円未満の男性も大勢いるというわけですが、さらに恐ろしいのは日本人の年収中央値は350万円しかないということです。

平均値というのは全体の年収を足した数を頭数で割るものなので、1億円など異常に高い年収を貰っている人がいる場合、平均値を数百万円押し上げてしまいます。

しかし、中央値は上から下までの年収を並べたちょうど真ん中の値を指すことになるので、平均値ではなく中央値が日本のリアルを反映していることになります。

つまり、350万円が本当の日本のサラリーマンが貰っている年収の現実であり、そう考えると女性の年収500万円以上というのは高望みしているようにしか思えなくなります。

特に、年収が高い男性は結婚相談所に登録しなくとも、普段の生活で普通にモテるので、30代で独身でいることが稀だったりする。

そのため、婚活女子はどうしても結婚したいなら、年収350万円〜420万円をターゲットに活動すれば、結婚相手はすぐに見つかるでしょう。

年収が低くなってしまっているのは、男性の問題ではなく日本全体が貧乏になってしまっているためで、豊かな生活を送るには女性もフルタイムで働かなければならない時代に突入している。

旦那が東証1部の正社員でも、奥さんが普通に働く世帯が増えてるのが現実

SPONSORED LINK