000141784_640
1機あたり120億円する超金食い虫のF35 

「日本が同盟国で一番買ってくれる」

トランプ大統領は3泊4日の「日本観光」をしに来た際、安倍総理にステルス戦闘機F35を105機購入することを取り付けました。

F35はレーダーに探知されにくい性能を備えた最新戦闘機で、1機当たりの価格は120億円に上ります。

つまり、105機ということは1兆円を超える買い物をしたということで、これは全て税金から支払われることになります。

日本の税収が年間40兆円であることを考えれば、1兆円がどれほどの大きな買い物であるかが誰の目にも理解出来るわけで、改めてトランプ大統領のビジネスマンとしての才能が垣間見れた瞬間だったとも言える。

しかもこれは初期購入費用なので、年間のメンテナンスや運用管理費用を含めれば、6兆円にも上る途方も無い額が税金からアメリカに向けて流れていくことになり、その分アメリカは潤います。

SPONSORED LINK


スクリーンショット 2019-05-28 23.50.37
ロッキード・マーティン株は、5年で株価4倍まで上昇した 

そして、F35を開発しているのはアメリカの民間企業であるというから驚きです。

その名はロッキード・マーティン(LMT)と言い、同社は戦闘機で培った技術を民間航空機にも転用しており、さらにはロケット、人工衛星、ミサイルなどと幅広いビジネスを展開している。

同社はNYSEへの株式上場も果たしており、驚くべきことに株価は毎年右肩上がり、わずか5年で4倍にまで上昇している注目の銘柄です。

なぜ、これほどまでに投資家から期待されるのか?と言えば、やはり昨今の世界情勢不安から、軍事需要が増しているということに起因します。

軍事力は世界でもアメリカが圧倒的首位であり、多くの国はアメリカから戦闘機や兵器を購入しているわけですが、需要が増すほどにロッキード・マーティン社が儲かるのです。

たとえば、最近の決算を眺めると、2019年度の第1四半期は47%の大幅増益で、通期業績見通しも上方修正しています。

これはミサイルと戦闘機が売れすぎた結果であり、日本がF35を爆買いしたことによって、さらに同社の業績を押し上げる格好となるでしょう。

日本人がせっせと納めた税金の流出を取り戻すには、ロッキード・マーティン株を買って同社からキャピタルと配当を得ていくしかありません。

日本政府は年金マネーでもうLMT自体買っちゃおうぜ

SPONSORED LINK


ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕
ウィリアム・D. ハートゥング
草思社
2012-09-01