21155430
伝説のコピペとして今でも語り継がれる白木屋 
なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。 
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。 

俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、 
おごってもらったのが白木屋だったな。 

「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。 金が余ってしょーがねーから」 
お前はそういって笑ってたっけな。 

俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。 

「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」 
「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」 
「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」 

そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白木屋だったな。 
あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。 

ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。 
別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。 
油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。 

なあ、別に女が居る店でなくたっていい。 
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店をいくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?

でも、今のお前を見ると、お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。 

お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。お前が体壊したのも知ってたよ。 
新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、 使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。 

だけど、もういいだろ。 
十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。 
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。
SPONSORED LINK


20170612031348
「フリーターでBMW、重役並みの生活」と煽りが多かった 

白木屋コピペとは、2000年初頭のフリーター全盛期に誕生した2ちゃんねるのいわゆるコピペですが、今でも破壊力抜群としてネット中に出回っているのを見かけます。

1990年代半ばから2000年代半ばに社会に出た人の中には、高度成長期にあったようなガムシャラに働くサラリーマンにはなりたくないと、自由を求めてフリーターになった人も実は多い。

TVメディアもわざわざ有名俳優を起用してフリーターを題材にしたドラマを作ったり、当時は「フリーターっていうのはカッコイイ、オシャレな生き方」として若者の間で認知されていたのだ。

たとえば、金が貯まるまでバイトして、金が貯まったら仕事辞めて海外旅行などの遊びに行く、そして、金が無くなったらまたバイトして稼げば大丈夫。
 
「日本人の働き方が変わってきています!夢のフリーター」

といったキャッチフレーズで、特集なども多く組まれていたのです。

とはいえ、バブル崩壊後は想像以上に社会が不景気に陥り、正社員になりたくてもなれない世の中が到来します。

それが就職氷河期であり、既にこの頃の若者は40代に差し掛かり、未だに非正規から抜け出せていないという。

正社員では初任給が20万円で手取りは17万円ほどしかありませんが、フリーターならフルタイムで入れば新卒の年齢で30万円は堅いです。

しかし、正社員は毎年昇給していくのに対し、非正規などのフリーターは昇給という概念も無ければ、ボーナスという制度もありません。

最近では「フリーランス」という自由な働き方を追い求める働き方がメディアなどで異様に持ち上げられているが、これに感化されて会社を辞めれば、数年後にはフリーターと変わらない地獄が待っている。

正社員は何があっても絶対にやめちゃいけないわ・・・

SPONSORED LINK