4715_ext_01_0
現役時代いくら稼ごうが、年金はさほど増えない 

年収が高い人は、現役時代には裕福な暮らしが出来ますが、老後になってから非常に苦労します。

たとえば、年収1,000万円稼いでいたとしても、老後は誰もが仕事を辞めて年金暮らしに切り替わります。

新卒で会社に入り、定年までしっかり年金を満額納めていたとしても、毎月貰えるお金はせいぜい20万円程度なので、現役の頃に比べると収入が激減してしまうのです。

しかし、人というのは一度生活水準を上げるとなかなか元に戻すのは困難です。

プロ野球選手や、芸能人が下火になった暁に破産に追い込まれてしまうように、生活水準を上げてしまっている高所得者の場合、リタイア後に一気に資金が底を尽き、貧困老人になってしまうのだ。

SPONSORED LINK


3104_ext_01_0
現役時代にいかに貯蓄や投資出来たかが重要 

一方で、老後にお金の苦労をせずに暮らせる人も当然存在します。

それらの人は、現役の頃にきちんと老後を見越して毎月決まったお金を確保している人たちです。

たとえば、貯金だったり、コツコツ投資に回したり、お金ときちんと向き合って生活している人は、老後も収入と支出のバランスを考えて生活する傾向があります。

毎月の収入と支出をしっかり考えて生活する習慣が身に付いているため、たとえ年金生活に突入して収入が大幅に減少してしまったとしても、上手くやり繰り出来る可能性が高いのです。

しかも、現役時代に築いた資産がそれなりにあるので、不測の事態にも臨機応変に対応する余裕もあるし、少しの贅沢をする余裕もある。

そもそも、老後の生活は毎月いくら必要なのかと言えば、公益財団法人の生命保険文化センターの調査によれば、老後にゆとりのある生活をしようと思うと、毎月35万円は必要になるそうです。

つまり、年金だけでは当然ゆとりのある生活など出来ないことを意味するため、年収1,000万円時代の生活を続けていれば、言うまでも無く破産一直線というわけになる。

人生100年時代と言われる長い老後人生、いつまでも豊かに過ごすためには現役時代のマネーリテラシー向上や、貯金や投資が不可欠でしょう。

ヘタに浪費癖が付いてると老後は地獄そのものだね

SPONSORED LINK