2c0827b0f7ac3d6bfe70084048fbccc5
韓国経済を支える巨大財閥系企業SAMSUNGが不振 

スマートフォンのGalaxyで知られるサムスンですが、同社の最新決算によれば、第1四半期は売上高が13.5%減の4兆ウォン、営業利益は60.2%減の6兆ウォンでした。

法人向けには半導体の大手として君臨する同社ですが、世界的な需要低迷によって大きな打撃を受けた格好になった。

インテルやエヌビディアも減収減益になり株価が大暴落したわけですが、サムスンも根本的に減収に陥った理由は同じです。

しかし、サムスンは半導体以外も逆風を受けていて、先行きは必ずしも明るいとは言えないでしょう。

社運を賭けて莫大な開発費を投じた「折り畳み式Galaxy」が、発売前に主要メディアなどの配布したところ、画面が割れるなどのトラブル報告が相次ぎ、異例の発売延期となったことで抱える問題は根深い。

サムスン1社の売上高は、韓国GDPの18%に達する最重要企業であるが故、常に利益第一線の経営方針が取られていることから、製品の開発スピードだけが先行し、初歩的な不具合すら確認出来ないほど内部体制は崩壊していると考えた方がいいだろう。

SPONSORED LINK


5c6ed6e274c58758f373d11a
期待の折り畳み式スマホも使って2日で壊れる 

韓国は内需で潤っている国ではなく、輸出によって利益を上げているわけですが、IMFによる世界成長予想が思ったよりも低かったことで、今後も半導体やスマホの低迷は続くと考えられるためです。

しかも、最近では半導体もスマホも中国製が躍進しており、サムスンは金のなる木が枯れ始めていて、文字通りのジリ貧に陥っている。

頼みの中国でさえ、サムスン製スマホのシェアが1%台にまで陥落しており、代わりにOPPOやファーウェイ、シャオミがよく使われている。

そもそも、サムスンの半導体やスマホは全てパクリの技術で、たとえば半導体は東芝の技術者を騙してコア技術を奪取し、スマホはアップルの丸パクでAppleから何度も訴えられています。

半導体やスマホがダメということで、ヘルスケアや自動運転など様々な事業に舵を切ってはいるものの、コングロマリットはかつての東芝やGEが辿った道そのもので、時代に逆境しているとしか思えない。

韓国経済はサムスンなどの財閥系企業10社でGDP80%弱を支える構造になっていて、サムスンが倒れたらそれは実質「韓国の終わりの始まり」を意味します。

ただでさえ韓国は不景気なのにどうすんのこれ?

SPONSORED LINK