D3F5C883-87E0-4F19-AE75-5DD4D9D5350D
借金があれば当然貯金など不可能 
手取り32万だが貯金できないんだが

家賃8万 
通信2万 
家賃光熱費2万 
クレカ支払い(非リボ)3万 
食費6万 
借金返済10万 
交遊費2万 
趣味2万 

豪遊してる感覚ねえんだけど車もないし

(出典: http://itest.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1552918495/)
SPONSORED LINK


8D2CCADD-275B-4DC4-AFB1-2D89B001154F
悪い借金を背負う理由は大抵ギャンブル 

世の中には良い借金と悪い借金があり、良い借金とされるのが家のローンや車のローンです。

これらは資産価値は低くなりますが、生きるための手段を借金によって数年、数十年先回りして手に入れることが出来るので、返済計画さえしっかり立てれば幸せをもたらす借金になり得ます。

一方で、消費者金融やクレカのキャッシングなどで借りる一時的な借金は悪い借金と言えます。

確かに突然お金が必要となるケースは生きていれば当然あるわけですが、そもそも、「一時的な借金」というのはきちんと貯金をしていればお金を借りることは不要なので、やはり一時的な借金は計画性の無い悪い借金と定義することが出来るのです。

さらにやっかいなのが、借金をするのは楽なので旨味を覚えてしまうと、借金を返しても借金を重ね、永遠に終わらない借金地獄に陥るパターンも多いのです。

そもそも、毎月10万円の返済がある場合、3分の1以上は”利子”の支払いになっているものだし、元本はなかなか減らないので損をしていることになります。

裏を返せば、毎月10万円さえ浮けば年間120万円分貯蓄出来ることになります。

120万円をそのまま高配当株をNISAで買い付けしていれば、年間5万円程度の不労所得を貰うことが出来ます。

つまり、借金はより貧乏が加速する恐れがありますが、投資に回せばよりお金持ちのアクセルがかかるので、その差は大きいのです。

お金持ちになりたいのであれば、突発的な借金は極力避けるべきです。

悪い借金マンは人間のクズが多いので関わらないのがベスト

SPONSORED LINK