08A12E6D-4430-4019-97DF-D6E76861BD82





SPONSORED LINK


転職を経験して年収を上げて来た人なら分かりますが、面接を形式上のやり取りで済ませるとほぼ確実に落とされます。

受かるために大事なのは、スキルを磨いて武器にすることも大事ですが、その会社に入って何をしたいか?どの分野のエキスパートになりたいか?を面接官に伝えることが重要だと考えます。

つまり、入社をゴールにするのではなく、入社した後のビジョンを示すことにより「入社」というハードルを自然と飛び越えてしまう効果が期待出来るわけです。

そもそも、転職が有利なのは大手に転職すればするほど年収がほぼ確実にUPすることです。

たまに大手からスキルアップのためにとベンチャーに行く人がいますが、小さい会社は給料も低いし福利厚生も皆無、会社も突然潰れることがあるのでオススメしません。

特にベンチャーは不況に陥った時の体力が無く、リーマンショック級の不景気が到来すればほぼ大半の事業者は立ち行かなくなりリストラされるでしょう。

そのため、せっかく転職するなら基本的に今いる会社よりも大手を狙い、ガンガンアピールして年収を上げていくことが大切というわけ。

なお、転職活動において面接や自己アピールが苦手な人もいると思いますが、そんな時は転職エージェントに支援してもらうのもひとつの手です。

たとえば、「マイナビ・エージェント」ならば、転職のプロによる「転職活動サポート」を完全無料で受けられます。

転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートしてもらうことが可能なので、転職初心者でも本当に安心です。

自分は転職が必要か?という悩みをエージェントに相談するだけでも価値があるのでオススメですね。

新型コロナウイルスで転職市場も縮小されていく可能性が高いので、転職するならガチで今のうちだと思います。

マイナビ・エージェントに無料登録

転職時はエージェントを使うのが今の時代は基本!

SPONSORED LINK