E9EB59A7-5E42-498F-A865-956D3890C3EA
S&P500ETFを買えば、Appleを買ったことにもなる 

史上最高値更新に再トライしようとしているアメリカ株ですが、今月もアメリカ超大型株500種がパッケージングされたS&P500ETFを買い増ししました。

39965237-F81D-4CA5-A925-15BC3809E9FB

そもそも、S&P500というのはApple、Google、Amazon、Facebookなどの今話題のGAFAから、J&Jやエクソンモービル、P&Gなどの歴史ある世界的企業を詰め込んだアメリカ経済を表す指数となります。

その指数に連動するように設計された投資信託やETFは、世界中で数多くリリースされており、もはやどれを買っても同じです。

今後もアメリカが覇権国家として君臨し、世界中から優秀な人材がやって来て、新しいイノベーションを推し進めていくことを考えれば、投資家は自身のポートフォリオに必ずS&P500連動商品を組み込むべきと言えます。

そのため、いくら最高値で買い続けようが、常に史上最高値を更新し続けていくことを考えれば、後から振り返った時には「あの時まだめちゃくちゃ割安だった!」と感想を持つでしょう。

SPONSORED LINK


E0070FA1-2A2E-4CEC-8534-49C2633C94E8
S&P500ETFは「儲かる商品」と神様も太鼓判を押す 

世界一の大富豪であるウォーレン・バフェットは、自身の死後に資金運用する先として妻にS&P500に連動するインデックス・ファンドを勧めています。

これはつまり、投資経験が浅い人であっても、高パフォーマンスを記録出来るというお墨付きです。

バフェットが特定の銘柄を勧めたのはこれが最初で最後であり、個人投資家はこの言葉の重みを深く考える必要があるでしょう。

バフェットはこうも話しています。

1942年にS&P500ETFがあったとして、この時に1万ドル(100万円)を投資していれば、今では5,100万ドル(51億円)の価値になっていると明かしました。

たったの70年強で「100万円が51億円に化けた」のです。

金持ちになりたいのであれば、投資の素人もプロも関係無く、S&P500指数に連動したETFを買い続けることが重要です。

ただ単に買い続ける戦略は、地味で退屈でつまらないものですが、そんな投資が1番儲かります。

S&P500買い続けるだけで儲かるのはもはや世界の常識

SPONSORED LINK


米国株四半期速報2019年新年号
亜州IR株式会社
星雲社
2019-01-22